行の削除

エクセルの行を削除する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・行番号
削除する範囲を設定します。変数参照可能です。

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

Googleスプレッドシートのセル移動

GoogleSpreadSheet内の指定したセルを選択する方法を説明します。
スプレッドの値の編集アクションでも、文字の入力をすることはできました。しかし、特定の条件を満たすと入力できないことがありました。セルへ値を入力する場合は、スプレッドのセル移動アクションを行い、数式バーから値を入力する方法をおすすめします

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・現在のシートでセルの移動
ブラウザで開いているスプレッドに操作する場合にこちらを選択します

・新しくURLを指定してセルの移動
ブラウザで開いているスプレッド以外へ移動して操作する場合にこちらを選択します

・対象となるURL
新しくURLを指定してセルの移動を選択した場合に、URLを入力します。変数参照可能です。

・対象となるセル
選択する対象のセルを指定します。変数参照可能です。

[Advancedタブ]

・要素が見つかるまでのタイムアウト(秒)
設定した秒数までロボットが要素を探します

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

行の追加

エクセルの行を追加する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・行番号
追加する範囲を設定します。変数参照可能です。

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

列の追加

エクセルの列を追加する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・列
追加する範囲を設定します。変数参照可能です。

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

列の削除

エクセルの列を削除する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・列
削除する範囲を設定します。変数参照可能です。

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

セルの挿入

エクセルへセルを挿入する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・範囲
追加する範囲を設定します。変数参照可能です。

・挿入時の動作
セルを追加したときに、もともとあったセルを移動する方向を設定します

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

セルの削除

エクセルのセルを削除する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・範囲
削除する範囲を設定します。変数参照可能です。

・削除時の動作
セルを削除したときに、セルを移動する方向を設定します

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

並び替え

エクセル内のデータを並び替え、ソートする方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・範囲
並び替える範囲を設定します。変数参照可能です。

並び替えを行う範囲を固定する場合は、現在の範囲で並び替えるを選択します。
並び替えの範囲が処理の都度変わる可能性がある場合は、範囲を拡張して並び替えるを選択します。

範囲を拡張して並び替えるを選択した場合、以下にチェックを入れてください。行列、両方ともに拡張する場合は、両方にチェックを入れます

>行方向へ拡張する
行方向へ範囲を拡張する場合、チェックを入れてください

>列方向へ拡張する
列方向へ範囲を拡張する場合、チェックを入れてください

・先頭行を見出しとして使用するかどうか
設定した範囲の先頭行を見出しとして使用する場合は、使用するを選択してください

・列名を更新
並び替えを行う範囲を変更したときに、クリックしてください。左側の列名に表示される内容が変わります

・列名
並び替えのキーとなる列名を設定します

・並び順
並び替える順番を設定します

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

フィルター

エクセル内のデータにフィルターを設定する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・範囲
並び替える範囲を設定します。変数参照可能です。

並び替えを行う範囲を固定する場合は、現在の範囲で並び替えるを選択します。
並び替えの範囲が処理の都度変わる可能性がある場合は、範囲を拡張して並び替えるを選択します。

範囲を拡張して並び替えるを選択した場合、以下にチェックを入れてください。行列、両方ともに拡張する場合は、両方にチェックを入れます

>行方向へ拡張する
行方向へ範囲を拡張する場合、チェックを入れてください

>列方向へ拡張する
列方向へ範囲を拡張する場合、チェックを入れてください

・フィルター列番号
範囲内の左から何列目に対してフィルターをかけるのか設定します

・以下のテキストを含むレコードを表示
値へ設定したレコードを表示する場合は、こちらにチェックを入れます。

>値
表示したいレコードを設定します

・その他の条件で表示
その他の条件でフィルタを行う場合は、こちらにチェックを入れます

>値
フィルタの条件を設定します。また表示する条件をプルダウンで選択します

>AND、OR
フィルタの条件が2つある場合は、条件を両方満たすANDか、条件のどちらかを満たすORを設定します

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します