変数へセットできるシステム値

各アクションで変数参照するときや、変数の値を加工アクションで変数へ値セットするときなどに、変数へセットできるシステム値は以下の通りです。

  • キーボード
    ・ENTER
    キーボードのエンターキーが入力されます。変数の値に改行をいれるときに使用します

    ・TAB
    キーボードのタブが入力されます。変数の値にタブ区切りをいれるときに使用します

  • 時刻関係
    ・%%TODAY%%
    ロボットの処理を実行している日を取得します

    ・%%NOW%%
    ロボットの処理を実行している日時を取得します

  • フォーマット関係
    ・%%年月日%%
    ロボットの処理を実行している日を取得します

    ・%%時分秒%%
    ロボットの処理を実行している時刻を取得します

    ・%%年%%
    ロボットの処理を実行している年を取得します

    ・%%月%%
    ロボットの処理を実行している月を取得します

    ・%%日%%
    ロボットの処理を実行している日を取得します

    ・%%時%%
    ロボットの処理を実行している時を取得します

    ・%%分%%
    ロボットの処理を実行している分を取得します

    ・%%秒%%
    ロボットの処理を実行している秒を取得します

    ・%%年月日時分秒%%
    ロボットの処理を実行している年月日時分秒を取得します

    ・%%PROJECT_NAME%%
    処理中のロボットが所属しているプロジェクトを取得します

    ・%%ROBOT_NAME%%
    処理中のロボット名を取得します

  • ログ関係
    ・%%LOG_HEADER%%
    処理中のロボットが出力したログの概要です

    ・%%LOG_DETAIL%%
    処理中のロボットが出力したログの詳細です

    ・%%USER_LOG%%
    処理中のロボットが出力するように設定したログです。
    その他のログ出力アクションで設定したものを取得できます

  • システム値
    ・%%CURRENT_URL%%
    処理中のロボットがブラウザで表示しているWebサイトのURLを取得します

    ・%%ERROR_COUNT%%
    処理中のロボットで発生したエラーの件数の合計を取得します

    ・%%DOWNLOAD_FOLDER_PATH%%
    ロボットがWebサイトからファイルをダウンロードしたときに、デフォルトで保存するフォルダを取得します

    ・%%PROJECT_NAME%%
    処理中のロボットが所属しているプロジェクトを取得します

    ・%%ROBOT_NAME%%
    処理中のロボット名を取得します

    ・%%LOOP_COUNT%%
    要素のループなど、繰り返しアクションで何回目の繰り返し化を取得します

    ・%%実行時間_秒%%
    ロボットが処理を開始してからの経過した秒を取得します

    ・%%実行時間_分%%
    ロボットが処理を開始してからの経過した分を取得します

    ・%%実行時間_時分秒%%
    ロボットが処理を開始してからの経過した時分秒を取得します

36件のコメント

WEBページ内のテキストボックスへ値入力 | Robo Technical | JobAuto | 株式会社シジャム・ビーティービー | RPA | 業務自動化 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください