ブラウザ操作でアクションがエラーでとまってしまう

Q.ロボットを実行していると、うまくいくときといかないときがあり、切り分けがつかないことがあります。
タグの指定が間違っているとか、操作するページが表示されていないわけではありません。
原因として他に何があるでしょうか。

A.エラーとなった場合、ブラウザから確認ダイアログ(メッセージボックス)が表示されていないでしょうか。
ダイアログが表示されていたら、メッセージを閉じるアクションでダイアログを閉じるようにしてください。

ブラウザ操作をしていたが、操作したい箇所をクリックしてもメニューが表示されなくなった

解決策として、以下がございます。

ケース1:
ごく稀にRobo_designからブラウザのコントロールが切断されることがあります。
その場合は、Robo_design上部にある「リロード」ボタンを押すことで、メニューが表示されるようになります。
それでも解消されない場合、Robo_designを立ち上げ直して頂きますようお願い致します。

ケース2:
操作しているサイトが”フレーム”と呼ばれるものを用いている場合があります。ブラウザで開いているフレームと、操作しようとしているフレームが同じでなければ、Robo_designにて操作することができません。
アクション「フレーム切替」のフレーム一覧から、対象のフレームを選択して頂いたうえで
再度ご確認ください。該当のフレームを選択すると、その欄がブラウザで青色で表示されますので、こちらで該当するフレームかどうかご判断下さい。

アプリ操作で値を入力するアクションを実行しても、値が入力されません

入力方式は、

・キーボード入力
・クリップボードからCtrl+V

と、2種類用意しております。

過去の事例としてキーボード入力はできないが、クリップボードからのペーストならば入力できたケースがあります。こういった形で状況に応じて使い分けてください。

 

Q.アプリ操作で値を入力するアクションを実行しても、値が入力されないことがあります。この場合、別に入力する方法はあるのでしょうか。

A.入力方式は、以下の2種類を用意しております。

・キーボード入力
・クリップボードからCtrl+V

過去の事例としてキーボード入力はできないが、クリップボードからのペーストならば入力できたケースがあります。状況に応じて使い分けてください。

Windowsアプリケーションに対して、テキストで要素を検索しようとするが要素を掴めない。

該当の文字列が表示されているものが、
スクロールをしなければ画面上に表示されない場合、
アプリケーションによっては掴める場合と掴めない場合があるため
注意をしてください。

画面に見えている文字だけが、テキスト文字を要素として判断できて操作できる場合は、
事前にフィルタリングして表示される項目数を絞る等、対策をお願い致します。