要素のループの便利な使い方

要素のループは設定の仕方によっては、より便利に使うことができます。

以下のような各都道府県ごとに分かれている店舗リストがあります。この店舗名をすべて要素のループアクションを使って取得します

loop1

要素のループアクションを作成しました。

loop2

以下の赤で囲った東京の部分しか、ループの対象になりません。大阪や愛知をループの対象に入れるにはどうしたらいいのでしょうか。

loop3

取得範囲の設定を拡張した範囲の要素にすることで、大阪や愛知もループの対象にすることができます。

loop4

またxpathの除外を使えば、ループの対象から外すこともできます。

loop5

xpathを使えば、ループの対象にしたいものだけをピックアップすることもできます。

loop6.png

表示値のフィルターを使っても、ループの対象にしたいものだけをピックアップすることができます。

loop8

 

アプリ操作でうまくいかないときは(要素マッチング)1

アプリ操作の設定で要素マッチングにしたときに、操作したい要素をうまく設定するコツを説明します。要素マッチングで操作したい個所をうまく指定できない、または作成したアクションを実行したけどうまくいかない場合に本ページを参照してください。

以下の画面から契約番号を取得します。

apl_kotu1

マッチング方式は要素にします。apl_kotu2

名前は処理の都度変わることが多いです。そのため、使用しない、にしましょう。
また使用しない、にしてうまくいかないときは、名前を正規表現を使って設定してください。

apl_kotu3

設定を変更したときに、全部で何件みつかりました、と表示されていることを確認しましょう。(見つからない場合は、該当する要素が見つかりません、と表示されます)

apl_kotu4

見つかった場合は、操作対象にフォーカスをクリックして、操作したい個所にフォーカスが当たることを確認しましょう。

apl_kotu5

以下のように複数件見つかった場合は、要素インデックスの値を変更します。1件しか見つからなかった場合は、要素インデックスは「0」になっています。

apl_kotu6

それでもうまくいかないときは、キャッシュクリアにチェックを入れたり、要素をアクティブにするにチェックを入れてアクションを実行してみましょう

apl_kotu7

またアクションは作成されるが、処理が空振りしたような状態(たとえば値が入力されない)の場合、作成したアクションをステップ実行してみてください。作成時は空振りしたアクションが正常に実行されることがあります。

それでもうまくいかないときは、マッチング方式を画像にしてアクションを作成していただくか、もしくはサポートまでご相談ください。

ライセンスの破棄

本製品を利用していたPCを変更する場合に、以下の手順を行ってください。

1.robo_design.exeを起動します

2.ツールバーのデザイン内にある「設定」をクリックすると設定画面が表示されます

haki2

3.設定画面下部のライセンスの有効期限が表示されている右部にある読込ボタンをクリックすると、ライセンス認証画面が表示されます

haki3

4.ライセンス認証画面右下のライセンス破棄ボタンをクリックしてください。また破棄証明書をサポートまでお送りください

haki4

確認メッセージに回答を行って破棄は完了です

haki5

haki6

破棄が終わると以下の画面が表示されます。こちらのスクリーンショットをライセンス破棄証明書としてサポートまで送付ください

haki7

WEB要素の表示

非表示にした要素を表示する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

表示する要素を選択します。ロボット内で作成した非表示にした要素がすべて候補として表示されます。非表示にする要素を変更した場合、変更前の要素も表示対象の候補として表示されます

[Advancedタブ]

・要素が見つかるまでのタイムアウト(秒)
設定した秒数までロボットが要素を探します

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

WEB要素の非表示

ロボットの実行するアクションの邪魔になる要素を非表示にする方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

設定する内容はありません

[Advancedタブ]

rangename、xpath、Attribute、Value、テキストパターンの設定をすることで、ロボットが操作する要素を指定します。要素にフォーカスボタンで設定した内容で操作したい要素をロボットが見つけられるか確認することができます

・rangename
指定した要素を探す対象範囲を設定します。要素のループの中で行う場合に設定します

・xpath
要素の指定を行います。変数参照可能です

・Attribute
要素の指定を行います

・Value
要素の指定を行います

・テキストパターン
Webサイト内に表示されている文字を設定します。変数参照可能です

・要素が見つかるまでのタイムアウト(秒)
設定した秒数までロボットが要素を探します

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します