ブックマークへジャンプ

★アクションの説明、概要

設置したブックマークを後続処理として指定する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1ー1.ブックマーク名

フラグの設置アクションで作成したアクション名がプルダウン表示されます。プルダウンで選択します。

※バージョン0.10.3からアクション名が一覧で表示されます。表示されたアクション名からジャンプしたい先のアクションを選択します。選択しなかった場合、ジャンプアクションが実行されてもジャンプしません


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

フォルダの繰り返し処理

★アクションの説明、概要

指定したフォルダ内に存在するフォルダに対し、繰り返し処理を設定する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.繰り返し処理を行うフォルダが保存されているフォルダ

繰り返し処理を行うフォルダが格納されているフォルダを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

1-2.フォルダ名に含む文字

繰り返し対象になるフォルダを フォルダ名に含まれる文字を設定してフィルターをかけます。変数参照可能です。 ※0.10.6から正規表現の「.*」を使った設定ができます

1-3. フォルダ名に含まない文字

繰り返し対象にならないように フォルダ名に含まれない文字を設定してフィルターをかけます。変数参照可能です。

1-4.並び替え

繰り返し処理内での フォルダの実行順序を設定します。

・なにもしない

並び替えをしません。

・ 名前の降順

繰り返し処理の順番が フォルダ名の降順となります。

・ 名前の昇順

繰り返し処理の順番が フォルダ名の昇順となります。

・ 更新日付の降順

繰り返し処理の順番が更新日付の降順となります。

・ 更新日付の昇順

繰り返し処理の順番が更新日付の昇順となります。

1-5.サブフォルダも含む

設定したフォルダにあるフォルダ内のフォルダも処理対象とする場合はチェックをいれます。

1-6.隠し フォルダも含める

処理対象に隠し フォルダも含める場合はチェックをいれます。

1-7.取得する フォルダ数

処理対象の フォルダ数に上限がある場合に設定します。

1-8.繰り返し処理対象の フォルダパスの格納先

設定したフォルダの中の フォルダのパスを1つ1つ繰り返しながら処理を行います。このときの フォルダパスを格納する変数を設定します。


2.エラー発生時の対応

2-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

2-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

2-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

Excel内の繰り返し_ヘッダーなし

ヘッダーがないExcelのデータを繰り返し操作する方法について説明をしています。

バージョン0.9.19から処理対象のシートをインデックスで指定できるようになりました。
エクセルのシートが右からSheet1、Sheet2、Sheet3とあった場合、それに対応するインデックスは0、1、2となります。
たとえばSheet2をインデックスで指定する場合は、インデックスを1とします。
シート名が処理のたびに変わってしまう場合に、インデックスによる指定を行うと便利です。

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・ブック
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のブック(エクセルファイル)をプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のブック(エクセルファイル)はロボデザインで開いたまたは作成した順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のブック名(エクセルファイル名)が格納されている変数を設定します

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・データ範囲設定
繰り返し処理を行う範囲を固定する場合は、現在の範囲を選択します。
繰り返し処理を行う範囲が処理の都度変わる可能性がある場合は、範囲を拡張するを選択します。
繰り返しの対象範囲をALL列まで指定することができます。

・対象となるセル
繰り返し処理を行う範囲を設定します。変数参照可能です。

・1行目をヘッダーとしてスキップ
繰り返し処理を行う範囲の1行目をヘッダー(列名)として、処理対象から外す場合はチェックを入れます

・列名と変数の対比表
繰り返し処理では対象となるセルから取得したデータを列ごとに変数へ格納します。どの列をどの変数へ格納するかをここで定義します

>+
定義を追加します

––カラム名
列を設定します

––変数
格納先の変数を設定します

>-
定義を削除します

>ヘッダーを変数に登録する
1行目をヘッダーとしてスキップとした場合、ヘッダーを変数名として登録します

––グループ名
ヘッダーを新しい変数グループ内に作成します。新しく作成する変数グループ名を設定します

––変数の識別子
変数を固有に識別するための頭文字を設定します

[Advancedタブ]

・範囲の名前
ループの名前を設定します。ここで設定した名前は、セルに値入力などのMainタブのシート名の名前で選択することができます

・取得する値
セルの保持している値は2019/8/29だが、表示されている値は2019年8月
2019/8/29を取得する場合、エクセルが保持している値を選択します。
2019年8月を取得する場合、セルが表示している値を選択します

・セルへのフォーカス
アクションを実行したときに処理対象のセルを選択状態にする場合は、フォーカスするを選びます。選択状態にしない場合は、フォーカスしないを選びます。

・非表示セルの扱い ※バージョン0.10.3から追加
フィルタなどで非表示になっているセルをループの対象にする場合は、処理対象に含めるを選びます。ループの対象にしない場合は、処理対象に含めないを選びます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

ファイルの繰り返し処理

★アクションの説明、概要

指定したフォルダに保存されているファイルに対し、繰り返し処理を設定する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.フォルダ

ファイルが格納されているフォルダを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

1-2.ファイル名に含む文字

繰り返し対象になるファイルをファイル名に含まれる文字を設定してフィルターをかけます。変数参照可能です。 ※0.10.6から正規表現の「.*」を使った設定ができます

1-3.ファイル名に含まない文字

繰り返し対象にならないようにファイル名に含まれない文字を設定してフィルターをかけます。変数参照可能です。

1-4.並び替え

繰り返し処理内でのファイルの実行順序を設定します。

・なにもしない

並び替えをしません。

・ ファイル名の降順

繰り返し処理の順番がファイル名の降順となります。

・ ファイル名の昇順

繰り返し処理の順番がファイル名の昇順となります。

・ 更新日付の降順

繰り返し処理の順番が更新日付の降順となります。

・ 更新日付の昇順

繰り返し処理の順番が更新日付の昇順となります。

1-5.サブフォルダも含む

設定したフォルダにあるフォルダ内のファイルも処理対象とする場合はチェックをいれます。

1-6.隠しファイルも含める

処理対象に隠しファイルも含める場合はチェックをいれます。

1-7.取得するファイル数

処理対象のファイル数に上限がある場合に設定します。

1-8.繰り返し処理対象のファイルパスの格納先

設定したフォルダの中のファイルのパスを1つ1つ繰り返しながら処理を行います。このときのファイルパスを格納する変数を設定します。

2.エラー発生時の対応

2-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

2-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

2-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

行の繰り返し

★アクションの説明、概要

列名があるExcelのデータを繰り返し操作する方法について説明をしています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。

1-3.データ範囲設定

ロボットが繰り返し処理を行う対象となるセルを固定にするか、データ量に応じて変わるのか設定します。

・現在の範囲

繰り返し処理を行う範囲が対象となるセルの範囲に固定されます。

・範囲を拡張する

繰り返し処理を行う範囲が処理の都度変わる可能性がある場合は、範囲を拡張するを選択します。
繰り返しの対象範囲をALL列まで指定することができます。

1-4.対象となるセル

繰り返し処理を行う範囲を設定します。変数参照可能です。

1-5.1行目を列名とする

繰り返し処理を行う範囲の1行目を列名(ヘッダー)として、処理対象から外す場合はチェックを入れます。作成済の同アクションを編集で開き、チェックを入れる、またはチェックを外す場合は、列名と変数の対比表の再作成が必要です。

1-6.列名と変数の対比表

繰り返し処理では対象となるセルから取得したデータを列ごとに変数へ格納します。どの列をどの変数へ格納するかをここで定義します。

・+

定義を追加します。

ー列名と変数の対比表作成

・列名

列を設定します。

・変数名

格納先の変数を設定します。

・ー

定義を削除します。

・列名を変数に登録する

1行目を列名とするへチェックを入れた場合、列名を変数名として登録します。

ー列名と変数の対比表

・グループ名

列名を新しい変数グループ内に作成します。新しく作成する変数グループ名を設定します。

・変数の識別子

変数を固有に識別するための文字を設定します。


2.高度な設定

2-1.範囲の名前

繰り返しの名前を設定します。ここで設定した名前は、セルに値入力などの基本設定のシート名の名前で選択することができます。

2-2.取得する値

セルに入っている値を取得するか、セルに表示されている値を取得するかを設定します。たとえば、セルの保持している値は2019/8/29だが、表示されている値は2019年8月の場合、以下のようになります。

・セルが保持している値

セルに入っている値を取得します。 2019/8/29が取得されます。

・セルが表示している値

セルが表示している値を取得します。2019年8月が取得されます。

2-3.セルへのフォーカス

アクションを実行したときに処理対象のセルを選択状態にするか、しないかを設定します。

・フォーカスする

選択状態にします。

・フォーカスしない

選択状態にしません。

2-4.非表示セルの扱い

フィルタなどで非表示になっているセルをループの対象にするか、しないかを設定します。

・処理対象に含める

非表示セルも処理対象になります。

・処理対象に含めない

非表示セルは処理対象になりません。

2-5.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。