ファイル存在チェック

★アクションの説明、概要

指定したファイルが存在しているか確認する方法について説明しています。ファイルがある場合はAの処理、ない場合はBの処理とファイルの有無によって後続の処理内容を分岐させます。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ファイル

存在を確認するファイルを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

また以下の書き方をすると、ファイルの拡張子で存在を確認することができます。
例)Cドライブのtempフォルダにpdfファイルがあるか確認
C:\temp\*.pdf

1-2.ファイルが存在する場合

ファイルが存在する場合の処理を行う場合は、ファイルが存在する場合にチェックを入れます。

・処理

ファイルが存在したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

・基点となる条件分岐

処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。移動先の条件分岐を選択します。

・ログ出力

ログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。ログ出力しない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

1-3.ファイルが存在しない場合

ファイルが存在しない場合の処理を行う場合は、ファイルが存在しない場合にチェックを入れます。

・処理

ファイルが存在しなかったときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

・基点となる条件分岐

処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。移動先の条件分岐を選択します。

・ログ出力

ログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。ログ出力しない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください