変数の値を加工(日付の計算)

変数の日付に対して加減算する方法について説明しています。日付の加減算は、対象の文字列が日付型になっていることが必要です。日付型への変換はこちらをご覧ください

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

・加減単位
単位をプルダウンで選択します

・数値
演算する値を設定します。変数参照可能です。減算の場合は、-を頭につけます。
例)「1」減らす場合は、「-1」と設定します

>結果
設定した結果が表示されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください