変数の値を加工(日付の書式変更)

変数の日付の書式設定の変更方法について説明しています。日付を指定した書式の文字列に変更します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

・書式
日付の書式をプルダウンで選択します。選択したものは、編集して内容を変更することが可能です。基本的に2020-3-5 13:10:20というフォーマットになっているものを処理することができます

>%Y-%m-%d %H:%M:%S
%Y-%m-%d %H:%M:%Sの形式の文字列にします
「2019-01-27 01:23:56」という表記になります(日付はサンプルです)

「-」を削除して「%Y%m%d %H:%M:%S」とすることもできます。この場合、「20190127 01:23:56」という表記になります

>%m/%d/%y %H:%M:%S
%m/%d/%y %H:%M:%Sの形式の文字列にします
「01/27/19 01:23:56」という表記になります(日付はサンプルです)

「%Y/%m/%d %H:%M:%S」とすれば、「2019/01/27 01:23:56」という表記になります

>%Y-%m-%d
%Y-%m-%dの形式の文字列にします
「2019-01-27」という表記になります(日付はサンプルです)

>%Y/%m/%d
%Y/%m/%dの形式の文字列にします
「2019/01/27」という表記になります(日付はサンプルです)

>%Y%m%d
%Y%m%dの形式の文字列にします
「20190127」という表記になります(日付はサンプルです)

>%H:%M:%S
%H:%M:%Sの形式の文字列にします
「01:23:56」という表記になります(時間はサンプルです)

>%H:%M
%H:%Mの形式の文字列にします
「01:23」という表記になります(時間はサンプルです)

>%Y年%m月%d日
%Y年%m月%d日の形式の文字列にします
「2019年01月27日」という表記になります(日付はサンプルです)

>%m月%d日
%m月%d日の形式の文字列にします
「01月27日」という表記になります(日付はサンプルです)

>曜日
曜日のみの文字列にします
「日」という表記になります(日付はサンプルです)

>第何曜日
第何曜日のみの文字列にします
「第4日曜日」という表記になります(日付はサンプルです)

>西暦から和暦へ変換
西暦から和暦へ変換します。西暦1927年以前は変換できません

>和暦から西暦へ変換
和暦から西暦へ変換します。大正以前は変換できません

・結果
設定した結果が表示されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください