ロボットを作成するルール

作成したロボットを運用したときの作業が楽になることを目指したルールです。ぜひ参考にしてみてください。
またわたしはこんなルールを設けてロボットを作成、運用しているという方はぜひご連絡ください!!

1.パラメータはロボットの外で管理する
ロボットが参照するフォルダ、ファイルパスなどのパラメータはロボットの外で管理しましょう。一般的にはエクセルで管理し、ロボットはエクセル内に記載されたパラメータを参照するイメージです。上級者の方はデータベースで管理してもいいかもしれません。

例)
・エクセルで管理する
日報作成作業_マスタ.xlsx

2.命名規則1
ロボットが所属するプロジェクト名やパラメータのエクセルを保存するフォルダなどの命名規則を統一しておきましょう。

例)
・パラメータのエクセルを保存するフォルダ
C:\日報作成作業\パラメータ

・ロボットが出力したファイルを保存するフォルダ
C:\日報作成作業\ロボット

・ロボットが所属するプロジェクト名
日報作成作業

3.命名規則2
ロボットは多くの場合プロジェクトの中に複数作成されます。ロボット名をルールにのっとってつけることで管理をしやすくしましょう
・先頭の3桁は数字。10ごとにロボットへ番号を割り当て。あとから追加で作成するロボットが作成済のロボットの間に入れられるようにするため。AとBのロボットがすでにあり、CをAの後に追加した場合が下の例。
例)
010-Aダウンロード
011-Cファイル加工
020-Bメール送信

・ロボット名は日本語
ロボット名からロボットの実行内容がわかるように日本語で。

・ロボットが何をどうしているか実行内容がわかるようにする
ロボット名からロボットの実行内容がわかるようにする。
例)
010-郵政から郵便番号をダウンロード
011-郵便番号ファイルをフィルタ加工
020-郵便番号ファイルをメール送信

4.アクションフローを見やすく
アクションフローは修正が発生したときに見やすいようにしておきましょう。アクションフローが見にくいと、フローの内容を理解しにくかったり修正箇所をなかなか見つけられなかったり、修正する作業に時間がとられてしまいます。

・ブランチを使う
 -作業手順のかたまりでブランチをわけましょう。以下の例ではファイルを別名で移動する場合、どのようなブランチの内容になるかを説明しています。
手順:ブランチの追加・削除
 例)
 変数の値の加工(ファイル名生成)ーファイルをコピーーファイルを削除

 -ブランチの先頭にコメントを書きましょう。ブックマークアクションを作成し、そこにコメントを書きます。コメントはブランチ内の複数のアクションで行っている処理を説明する内容です。
手順:ブックマークの設置

・1作業、1ロボットに分解する
 -1作業、1ロボットに分割することでアクションフローは小さくなり、ロボットが行っている処理内容の把握がしやくすなります。
 たとえば郵政から郵便番号をダウンロードしメールで送る、という作業をロボットにした場合は以下のように分割されます。
010-郵政から郵便番号をダウンロード
020-郵便番号ファイルをメール送信

  このように分割することであとから郵便番号ファイルをフィルタ加工する作業が追加されても、新しいフィルタ加工ロボットを作成すればよく、作成済のロボットに追加をする必要がない。

 -ロボットの作業状況の管理を行う
 ロボットが処理を開始していいのか、作業前提となるロボットの処理が終わっているのか、ロボットの作業状況の管理を行いましょう。

例)
「011-郵便番号ファイルをフィルタ加工」は作業開始前に、「010-郵政から郵便番号をダウンロード」が終わっているかを確認する必要がある。
たとえば、所定のダウンロードフォルダにダウンロードしてきたファイルがあることを確認する。

「020-郵便番号ファイルをメール送信」は「011-郵便番号ファイルをフィルタ加工」が終わっているかを確認する必要がある。
たとえば、所定の加工済フォルダに加工済のファイルがあることを確認する。

・変数の整理
ロボットが完成したら変数の整理を行いましょう。使っていない変数は削除しましょう
手順:変数の追加・削除

・アクションの整理
ロボットが完成したら不要なアクション、コメントアウトしたアクションは削除しましょう
手順:アクションの削除

・最適なグループ化をおこなう
どうしてもアクションフローが大きくなってしまったロボットはグループ化を行って、フロー全体を見やすくしましょう。ブランチごとに作業が分かれているので、ブランチごとにグループ化するのがおすすめです。
手順:グループ化

・引数の説明
引数を使って処理を行うロボットの場合、ROBOWEBのスケジュールの概要へ引数の役割を書いておきましょう
手順:スケジュール設定(引数の設定)

・アクションの説明
アクションの実行内容はアクション名を編集して書くようにしましょう。
例)
値の入力:今日の日付

5.安定して動くロボットを
作成するなら安定して動いてくれるロボットがいいですよね。

・アプリ操作で画像マッチングはどうしても使わざるを得ない場合以外は使わないようにしましょう。

・エクセル操作を行う前に、エクセルの強制終了アクションを実行しましょう。
エクセルの強制終了アクションを行ってから、エクセルのアクションを行うようにします。このようにすることでブックインデックスのずれによるエラーが発生するのを防ぎます。
手順:エクセルを強制終了する

・エラーハンドリングをできるだけ行う
すべてのアクションへエラーハンドリングを行うのが理想です。しかしアクションの数が多い場合は設定の手間を考えると難しい場合もあります。
なんどかロボットのテストを行ってエラーが発生した箇所へ設定したり、経験値がいりますがエラーが発生しそうな箇所へ設定する方法もあります。

・再実行(リトライ)
ロボットは全くエラーがなく運用し続けることができるものではありません。何かしらの理由でエラーは発生します。
エラーが発生し再実行するときに、再実行するための条件や手順をスケジュールの概要へ記載しましょう