前日の日付を取得したいです

Q.前日の日付を取得するには、どうしたらいいですか

A.変数の値を加工アクションを作成し、日付操作>日付のセットでセットする日付を昨日にすることで、前日の日付を取得できます。必要に応じて、日付操作>日付の書式で取得した機能の日付のフォーマットを変更することもできます

.png

ロボットのアップロードに失敗しました

Q.ロボデザインからロボットをアップロードしようとしましたが、エラーになってしまいました。何が原因でしょうか

A.考えられる原因として、以下がございます。

1.robo_server.exeが起動されておりますでしょうか。起動していなかったら起動してから、アップロードをしてください

2.WindowsのFWの設定でポート8080が開放されていることをご確認ください。開放されていなければ、設定をお願いいたします。

3.アップロード先のURLがhttp://localhost:8080している場合、http://127.0.0.1:8080に変更してアップロードをしていただけますでしょうか。

4.アップロード先のURLはhttp://localhost:8080/とURLの末尾に「/」が入っている場合は、/を削除してからアップロードをしていただけますでしょうか。

ユーザーの切替をしてもロボットの処理はできますか

Q.クライアント機能が稼動するPCをロボットが動いている間も、Windowsのユーザーの切替をすることで他の作業を行いたいのですが、このようなことをしてもロボットは動くのでしょうか

A.ロボットが実行するアクションによっては、ユーザーの切替をすることでロボットが動かないことがあります。
たとえばアプリ操作は、マウスやキーボードの操作を行うためユーザーの切替を行うとエラーになり、ロボットの処理が動きません。マウスやキーボード操作が発生しないブラウザやエクセル操作などは、ユーザーの切替を行ってもエラーにならず、ロボットは動きます。

本製品で用意されている機能

本製品とはパソコン操作の自動化を実現するソフトウェアです。
本製品ではロボットを作成し、作成したロボットを定期的に自動実行することができます。

☆本製品で用意されている機能

  • ロボデザイン
    ロボデザインでロボットを作成します
    ロボデザインの機能はrobo_design.exeを起動して使います
  • ロボサーバ
    ロボットやロボットの実行スケジュールの管理を行います。管理画面はRoboWebといい、RoboWebでスケジュールなどの作成を行います。
    ロボサーバ機能の起動はrobo_sever.exeを起動して使います
  • ロボクライアント
    ロボットをスケジュール実行するとき、クライアント機能を使って動かします。
    クライアント機能の起動はrobo_client.exeを起動して使います
    ※robo_sever.exeを起動するとrobo_client.exeは自動起動されます。
  • ロボサポート
    運用上必要なサポート機能が用意されています。
    -クリーンアップ
    本製品を使用中に作成された不要なファイルを削除します。robo_supportor.exeを起動して使います
    -ドライバ更新
    本製品で使用しているドライバを更新します。robo_supportor.exeを起動して使います
    -バージョンアップ
    本製品のバージョンアップのサポート(ロボットやログなどを旧バージョンから引き継ぐ)を行います。robo_updator.exeを起動して使います
  • セキュリティ
    ロボットの実行する端末でrobo_lock.exeをかけておけば、ロボットが実行中でもWindowsのスクリーンセイバーや、画面ロックをかけることが可能です。
    画面がむき出しの状態でロボットがアプリケーションを操作することが無くなります。
    robo_lock.exeの使用手順は、こちらです。

ロボット作成から実行までの流れ

ロボットの作成から実行までの簡単な流れについて説明します。

1.ロボットをロボデザインで作成します

2.サーバ機能を起動します。サーバ機能は、robo_server.exeを実行することで起動します。
サーバ機能が起動することで、RoboWebへのロボットのアップロードやRoboWebのブラウザでのアクセスをすることができるようになります

3.作成したロボットをRoboWebへアップロードします

4.RoboWebへロボットを実行するPCを登録します

5.RoboWebへロボットを実行するスケジュールを登録します

6.ロボットを実行するPCでクライアント機能を起動します。クライアント機能は、robo_client.exeを実行することで起動します。
ロボットを実行するPCがlocalhostの場合は、robo_server.exeを起動したときにrobo_client.exeが自動起動されているため、この手順は必要ありません