前日の日付を取得したいです

Q.前日の日付を取得するには、どうしたらいいですか

A.変数の値を加工アクションを作成し、日付操作>日付のセットでセットする日付を昨日にすることで、前日の日付を取得できます。必要に応じて、日付操作>日付の書式で取得した機能の日付のフォーマットを変更することもできます

.png

ロボットのアップロードに失敗しました

Q.ロボデザインからロボットをアップロードしようとしましたが、エラーになってしまいました。何が原因でしょうか

A.考えられる原因として、以下がございます。

1.robo_server.exeが起動されておりますでしょうか。起動していなかったら起動してから、アップロードをしてください

2.WindowsのFWの設定でポート8080が開放されていることをご確認ください。開放されていなければ、設定をお願いいたします。

3.アップロード先のURLがhttp://localhost:8080している場合、http://127.0.0.1:8080に変更してアップロードをしていただけますでしょうか。

4.アップロード先のURLはhttp://localhost:8080/とURLの末尾に「/」が入っている場合は、/を削除してからアップロードをしていただけますでしょうか。

ユーザーの切替をしてもロボットの処理はできますか

Q.クライアント機能が稼動するPCをロボットが動いている間も、Windowsのユーザーの切替をすることで他の作業を行いたいのですが、このようなことをしてもロボットは動くのでしょうか

A.ロボットが実行するアクションによっては、ユーザーの切替をすることでロボットが動かないことがあります。
たとえばアプリ操作は、マウスやキーボードの操作を行うためユーザーの切替を行うとエラーになり、ロボットの処理が動きません。マウスやキーボード操作が発生しないブラウザやエクセル操作などは、ユーザーの切替を行ってもエラーにならず、ロボットは動きます。

ブランチを使うケース

ブランチは以下のケースで使用することが多いです。

アクションフローを分けたい場合
ループ処理が終わった後に、作成したアクションを実行する場合に使用します

処理内容でアクションフローを分けたい場合
処理内容ごとにアクションフローを分け、ロボット全体の可読性を高めるために
使用します

ロボットの処理でエラーが発生したことを把握する方法はありますか

Q.作成したロボットをスケジュール実行しています。ロボットの処理でエラーが発生したことを把握する方法は何がありますか。

A.RoboWebでスケジュール実行した結果のログを確認することができます。また、スケジュール実行するロボットに、エラーが発生したらメールを送る、という設定を行うことでエラーが発生したことを検知することもできます。
こちらもご参照ください。