変数へセットできるシステム値

各アクションで変数参照するときや、変数の値を加工アクションで変数へ値セットするときなどに、変数へセットできるシステム値は以下の通りです。

  • キーボード
    ・ENTER
    キーボードのエンターキーが入力されます。変数の値に改行をいれるときに使用します

    ・TAB
    キーボードのタブが入力されます。変数の値にタブ区切りをいれるときに使用します

  • 時刻関係
    ・%%TODAY%%
    ロボットの処理を実行している日を取得します

    ・%%NOW%%
    ロボットの処理を実行している日時を取得します

  • フォーマット関係
    ・%%年月日%%
    ロボットの処理を実行している日を取得します

    ・%%時分秒%%
    ロボットの処理を実行している時刻を取得します

    ・%%年%%
    ロボットの処理を実行している年を取得します

    ・%%月%%
    ロボットの処理を実行している月を取得します

    ・%%日%%
    ロボットの処理を実行している日を取得します

    ・%%時%%
    ロボットの処理を実行している時を取得します

    ・%%分%%
    ロボットの処理を実行している分を取得します

    ・%%秒%%
    ロボットの処理を実行している秒を取得します

    ・%%年月日時分秒%%
    ロボットの処理を実行している年月日時分秒を取得します

    ・%%PROJECT_NAME%%
    処理中のロボットが所属しているプロジェクトを取得します

    ・%%ROBOT_NAME%%
    処理中のロボット名を取得します

  • ログ関係
    ・%%LOG_HEADER%%
    処理中のロボットが出力したログの概要です

    ・%%LOG_DETAIL%%
    処理中のロボットが出力したログの詳細です

    ・%%USER_LOG%%
    処理中のロボットが出力するように設定したログです。
    その他のログ出力アクションで設定したものを取得できます

  • システム値
    ・%%CURRENT_URL%%
    処理中のロボットがブラウザで表示しているWebサイトのURLを取得します

    ・%%ERROR_COUNT%%
    処理中のロボットで発生したエラーの件数の合計を取得します

    ・%%DOWNLOAD_FOLDER_PATH%%
    ロボットがWebサイトからファイルをダウンロードしたときに、デフォルトで保存するフォルダを取得します

    ・%%PROJECT_NAME%%
    処理中のロボットが所属しているプロジェクトを取得します

    ・%%ROBOT_NAME%%
    処理中のロボット名を取得します

    ・%%LOOP_COUNT%%
    要素のループなど、繰り返しアクションで何回目の繰り返し化を取得します

    ・%%実行時間_秒%%
    ロボットが処理を開始してからの経過した秒を取得します

    ・%%実行時間_分%%
    ロボットが処理を開始してからの経過した分を取得します

    ・%%実行時間_時分秒%%
    ロボットが処理を開始してからの経過した時分秒を取得します

関数一覧

変数の値を加工アクション内の文字操作で使用できる関数の一覧とそれぞれの機能は以下の通りです。

  • Mid
    文字列から文字を切り出します。
    開始位置・・・文字列から切り出す開始位置を設定します。変数参照できます
    文字数・・・開始位置から切り出す文字の数を設定します。変数参照できます
  • Left
    文字列から文字を切り出します。
    文字数・・・文字列の左から切り出す文字の数を設定します。変数参照できます
  • Right
    文字列から文字を切り出します。
    文字数・・・文字列の右から切り出す文字の数を設定します。変数参照できます
  • Ltrim
    文字列の左側のスペースを削除します
  • Rtrim
    文字列の右側のスペースを削除します
  • Trim
    文字列の左右のスペースを削除します
  • Find
    文字列から文字を検索し、見つかった場所を取得します。
    検索する文字・・・文字列の左から検索する文字を指定します。指定した文字を左から探し、あった場合は左から何番目にあるかを取得できます。変数参照できます
    例)RPAツールという文字列から「P」を検索した場合、実行結果は1となります
  • Rfind
    文字列から文字を検索し、見つかった場所を取得します。
    検索する文字・・・文字列の右から検索する文字を指定します。指定した文字を右から探し、あった場合は左から何番目にあるかを取得できます。変数参照できます
    例)RPAツールという文字列から「P」を検索した場合、実行結果は1となります
  • Length
    文字列の長さを取得します
  • ディレクトリパス取得
    ファイルパスからフォルダ名だけを取得します
  • ファイル名取得
    ファイルパスからファイル名だけを取得します
  • 乱数生成
    文字長・・・乱数で作成する文字の長さを指定します
    含める文字の種類・・・乱数で作成しる文字列内に含める文字の種類を指定します
    >数字
    数字です
    >大英字
    大文字の英字です
    >小英字
    小文字の英字です
    >記号
    記号です。!#$%*+-./=?@_が使用されます

エクセルを強制終了する


★アクションの説明、概要

開いているすべてのエクセルを閉じる方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

設定する内容はありません。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

配列の繰り返し処理

★アクションの説明、概要

配列内のデータを繰り返し処理を行う方法について説明しています


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.配列が格納されている変数

配列が格納されている変数を設定します。

2.配列から取り出したデータを格納する変数

配列から取り出したデータを格納する変数を設定します。


2.高度な設定

設定する内容はありません。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

変数の値を加工(配列に変換)

★アクションの説明、概要

アクション内へセットした値を配列に変換する方法について説明しています。

配列に変換した文字列は、配列の繰り返し処理で処理するケースが多いです。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1. 区切り文字

区切り文字をプルダウンで選択します。処理対象の文字列にタブが入っている場合、プレビュー画面の表示にはタブは表示されません。

2.開始

変換処理の開始行を設定します。変数参照可能です。

3.終了

変換処理の終了行を設定します。変数参照可能です。