RoboWebへのログイン

RoboWebへのログイン方法について説明しています。

 

設定項目についての説明は以下の通りです

・UserName
ログインユーザーを入力します

・Password
パスワードを入力します

・Login
ログインが実行されます

はじめてログインする方は、サポートまでご連絡ください。あらかじめ設定されているユーザーとパスワードをご連絡いたします

RoboWebのユーザー登録

RoboWebへログインできるユーザーの登録方法について説明しています。

設定項目についての説明は以下の通りです

・ユーザーID
新しく作成するIDを入力します

・Password
新しく作成するIDのパスワードを入力します

・ユーザー権限
新しく作成するIDの権限を設定します

権限ごとにできることは以下の通りです。

  システム
管理者
プロジェクト
管理者
プロジェクト
メンバー
プロジェクト閲覧
作成
編集・削除
・無効化
プロジェクト
メンバー
閲覧
作成
編集・削除
・無効化
スケジュール閲覧
作成
編集・削除
・無効化
ロボット閲覧
削除
ダウンロード
カスタム
アクション
閲覧
削除
ダウンロード
ログ閲覧
ダウンロード
PC閲覧
追加
編集・無効化
ユーザー閲覧
作成
編集・削除
・無効化
システム管理者閲覧
編集

RoboWebの実行端末登録

ロボットをスケジュール実行するには、ロボットを実行する端末をあらかじめ登録しておく必要があります。

実行端末の登録方法について説明しています。

リモートユーザーとパスワードを設定した場合、スケジュール実行時に自動的に実行端末がロック状態になります。自動的にロック状態にしたくない場合は、リモートユーザーとパスワードを空白の状態で登録をお願いします。

ロボサーバ(RS)からPCへの通信が切れた場合、設定した時刻になってもロボットの実行に失敗してしまいます。メールアドレスを設定すれば、PCへの通信が切れた場合にメールで通知することができます。

[PC一覧]

各項目の説明は以下の通りです

・ホスト名
ロボットを実行するPC名

・ポート番号
リモートデスクトップ接続(RDP)ポート番号

・リモートユーザー
リモートデスクトップ接続で使用するユーザー名

・ステータス
PCのステータスです。

>通信可能
RCが起動している状態です

>通信不可
RCが起動していない状態です。RSからRCに対し、3回疎通を確認してもNGだった場合に通信不可となります

・有効/無効
ロボットを実行するPCとして有効か、無効かを表しています

・バージョン
PCで起動しているRCのバージョンです

・更新日時
PCの登録内容を変更した日時です

・Action

>編集
PCの登録内容を変更します

>Monitor
PCのモニタ機能の設定を行います

[PC新規追加]

登録できるPCの台数をこえて登録することはできません。有効なPCのいずれかを無効にしていただいたうえで、新しいPCの登録をお願いします

設定項目についての説明は以下の通りです

・ホスト名
ロボットを実行するPCのIPアドレスか、コンピューター名(ホスト名)を設定します

・リモートデスクトップ接続(RDP)ポート番号
リモートデスクトップ接続で使用するポート番号を設定します

・リモートユーザー
リモートデスクトップ接続で使用するユーザー名を設定します

・リモートユーザー
リモートデスクトップ接続で使用するパスワードを設定します

・CPU、メモリの使用状況
モニターするか、しないかを設定します

・デスクトップイメージの使用状況
モニターするか、しないかを設定します

・RSからの通信が接続/切断時に通知するメールアドレス
通知先のメールアドレスを設定します

RoboWebのプロジェクト作成

プロジェクトの作成方法について説明しています。

 

 

設定項目についての説明は以下の通りです

・プロジェクト名
プロジェクトの名前を設定します

・プロジェクトの概要
プロジェクトの内容がわかるように概要を設定します

以下の項目は記載例です
>プロジェクトの概要
>プロジェクトの目的
>処理内容

RoboWebの管理画面の設定

RoboWebのシステム管理者の設定について説明しています。

 

 

設定項目についての説明は以下の通りです

・ログ世代数
RSのログファイルの世代数を管理します

・ログ保存期間
RSのログの保存期間です

・プロキシ―設定
ロボットがプロキシサーバを経由して通信を行う場合に設定します

>サーバー
プロキシサーバのホスト名を設定します

>ポート番号
プロキシサーバのポート番号を設定します

>ユーザー
プロキシサーバのユーザー名を設定します

>パスワード
プロキシサーバのユーザーのパスワードを設定します

・SMTP設定
エラーメールを送信するときに使用する設定です。

>SMTPサーバー
メールサーバのホスト名を設定します

>ポート番号
メールサーバのポート番号を設定します

>ユーザー
メールサーバのユーザー名を設定します

>パスワード
メールサーバのユーザーのパスワードを設定します

>送信元アドレス
メールの送信元のメールアドレスを設定します

>テストメール送信
SMTP設定でメールの送信テストを行います

Focus中断(WEB)

ブラウザへのFocusの中断と再開を使うケースについて説明します。

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

設定する内容はありません

[Advancedタブ]

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します