行列の最大番号を取得

★アクションの説明、概要

エクセル内の値が入っている最終セルの場所を取得する方法について説明します。保存済のエクセルへ取得したデータを追記していくとき、最終行のセルの位置を取得する必要があります。そんなときにこのアクションを使って、最終行のセルの位置を取得します


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。

1-3.基点となるセル

最終セルを探すときに、探す基点となるセルを指定します。 変数参照可能です。

1-4.最大行番号

取得した最終行のセルの位置を格納する変数を指定します。基点となるセルと同じ列の最終行を取得します。

1-5.最大列番号

取得した最終列のセルの位置を格納する変数を指定します。基点となるセルと同じ行の最終列を取得します。

1-6.最大列番号(アルファベット)

取得した最終列のセルの位置を格納する変数を指定します。基点となるセルと同じ行の最終列のアルファベットを取得します。

1-7.セルのアドレス

取得した最終列のセルの位置を格納する変数を指定します。基点となるセルと同じ列の最終行と同じ行の最終列のセルのアドレスを取得します。


2.高度な設定

2-1. 実行時にシートを切り替える

アクションを実行したときにシートを表示する場合にチェックを入れます。

2-2.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

まとめ1

Webサイトから取得したデータをエクセルへ貼り付けていきます。

以下ページからデータを取得して、エクセルに貼り付けます。

 

matome9

以下のようなロボットを作成します。

matome1

1.エクセルを新規作成します

matome3

エクセルの新規作成アクション

matome1_1

2.ブランチを追加します

matome4

3.ブラウザを起動して、本マニュアルサイトのトップページを開きます

matome5.png

ブラウザを起動アクション

matome3_1

ページを開くアクション

matome3_2

4.学習コンテンツの「アクション作成編」を開きます

matome6

マウス操作アクション

matome4_1

5.要素のループアクションを使い、繰り返し処理を設定します

matome7

要素のループアクション。開始行を2行目からにしています

matome5_1

6.値の取得を行います

matome8

値の取得アクション。表示されているテキストを取得して、変数に格納します

matome6_1

7.ブランチを追加します

matome10

8.変数の値を加工を使って、エクセルへの貼り付け位置を加工します

matome11

変数の値を加工アクション。エクセルの貼り付け位置の行を加工し、変数へ格納します

matome12

9.エクセルへ値を入力します

matome13

値の入力アクション。行番号は8で使用した変数、入力値は6で使用した変数をそれぞれ参照します

matome9_2

10.ブランチを作成します

matome14

11.エクセルを保存します。アクションを実行した日を取得し、保存先のフォルダ名やファイル名と組み合わせ保存先を指定しています

matome15

matome15_1

ロボットはこちらからダウンロードできます。