バージョン0.10.4でロボデザインがかわりました

バージョン0.10.4ではロボデザインの構成や使用方法に変更点がたくさん入りました。その変更点についてこのページではまとめています。

1.ロボデザインの見た目が変わりました。水色を基調にした色に変わりました。

2.ツールバー、リボン、左サイドメニューの内容が変わりました。

1)ツールバー

・ファイル、アクションを削除

・従来のファイルで行っていた各設定は、設定内へ移動。

・共通部品(従来はカスタムアクションと呼んでいました)、データベースを左サイドメニューから移動して追加。

・左端にロボデザインで開いているプロジェクト名を表示

2)リボン

・アクションを追加するためのアイコン、ロボットを実行するための各ボタン、RIDやプロジェクトの情報の表示を削除

・ロボット名を表示、プルダウンでロボットを選択して開くように変更。

・使用する機会の多いロボットの新規作成などの機能を追加

3)左サイドメニュー

・カスタムアクション(0.10.4から共通部品)、データベースを削除し、ツールバーへ移動

3.共通部品(従来はカスタムアクションと呼んでいました)を開いたときの色が変更

ロボデザインで共通部品を開くとロボデザインの色が水色から、灰色がかった緑になります

4.コントールパネルの使い勝手の向上

1)従来はアクションとテスト(デバッグ)の2つのタブに分かれていたアイコンを、1つにまとめました。

2)各アイコンに名前を付与しました。

3)ブランチや条件分岐を削除しました。ブランチや条件分岐の追加はアクションフロー内でアクションを右クリックして行います。

5.アクションフローでアクションを選択して右クリックしたときに表示される編集メニューの内容の再整理を行いました。

1)アクションの追加が編集メニューを開いたときに表示されるようにしました。

2)アクションの削除をアクション操作の中に移動しました。

3)分岐操作内のブランチや条件分岐の追加は編集メニューからだけ行うようにしました(コントロールパネルから削除)。

6.ブラウザ操作のアクションの追加のしやすさの向上

1)操作したい個所を選択して右クリックしたときに表示されるアクションの表示を変更しました。選択した操作個所に応じて設定する候補のアクションが表示されます(候補にない場合は、全てのアクションをクリックして表示された一覧から選択します)

2)操作したい個所の指定をボタンなどの名前で設定するか、タグ(xpath)で設定するかを選べるようになりました。

7.エクセル操作のアクションの追加のしやすさの向上

1)操作したい個所を選択して右クリックしたときに表示されるアクションの表示を変更しました。選択した操作個所に応じて設定する候補のアクションが表示されます(候補にない場合は、全てのアクションをクリックして表示された一覧から選択します)

リリースノート – 0.10.4 (2021-01-25)

機能追加

・ロボデザインのUIを大幅に改善 ※詳細はこちら
・ROBO_WEBのシステム管理者画面に、スケジュール実行予定表を追加 ※マニュアルページはこちら
・アプリ操作、指定の文字に対して操作する機能としてを以下のアクションを追加。
 >指定の文字に対してマウス操作
 >指定の文字が出るまで待つ
 >指定の文字が消えるまで待つ
・ブラウザ操作、要素に対するアクション選択時、まずは該当しそうな候補を最初に出すように修正
・ブラウザ操作、マウスオーバー時に要素にフォーカスされるよう機能を追加
・ブラウザ操作、選択された要素をクリックした際、処理対象が親要素へ移動するように修正
・ログ一覧のステータスが「エラーあり」「緊急停止」「時間打ち切り」「異常終了」のステータスを「対処済み」に変更できるように修正 ※マニュアルページはこちら
・ロボデザインで、ロボット、共通部品をプロジェクト間でコピーできるように修正
 >ロボットをプロジェクト間でコピー
 >共通部品をプロジェクト間でコピー
・ロボット、共通部品、ともにROBO_WEBから複数同時ダウンロードできるように修正
・ロボデザインのログをエクスポートして、ZIPファイルとしてデスクトップに作成する機能を追加 ※マニュアルページはこちら
・変数の値の加工アクションに、数値の書式(カンマ区切り、通貨、パーセント)を追加
・変数の値の加工アクションに数値関数(四捨五入、切り上げ、切り捨て)を追加
・ブラウザ操作、要素に対するアクション(クリック、値入力、値取得等)に要素インデックスを追加
・ブラウザ操作、クリックして別windowが開いた際、続けてwindow切替画面を表示する機能を追加
・エクセルの最終セルのアドレスを取得するアクションを追加
・ログ出力アクションに「ログにスクリーンショットを含める」オプションを追加。これによりROBO_WEBのログ詳細画面からログ出力時の画面ショットを見れるようになる。
・エクセル操作、指定したセルの値をクリアする機能を追加
・ログステータスを「エラーあり」「異常終了」から「対処済み」に変更できる機能を追加

機能修正

・ROBO_WEBのスケジュール新規編集画面内、PC名ロボット名の選択設定の並び順をソートして表示するように修正
・ロボデザインのロボットダウンロードにて、プロジェクト一覧、レシピ一覧を名前順にソートして表示するように修正
・スケジュールの終了時刻を現在時刻から実際のロボットの終了時刻にするように修正
・エクセルの各アクションで処理対象のファイルをブックインデックスだけでなく、ファイル名でも指定できるように修正
・フォルダの繰り返し処理、特定の文字がフォルダ名に含んでいた場合、そのフォルダは繰り返し処理の対象外とするオプションを追加
・フォルダコピーアクション、コピー先のフォルダへ強制的に上書きするオプションを追加
・メール送信アクション、ポート番号465でも送信できるように修正
・ROBO_WEBのログ一覧画面、Searchボックスに、–ではじまる入力をするこで除外検索をできるように修正
・ROBO_WEBのスケジュール内で設定できる休日パターンについて、複数のパターンを設定できるように修正
・変数に対して、利用用途等のコメントを書ける欄を追加
・アプリ接続で接続先のアクションの一覧にアプリのタイトル以外にプロセスの一覧も表示するように修正
・アプリ操作のキー送信に、スペース、バックスペースを追加
・ロボデザインのデバッグ用として、ブラウザへのフォーカスの中断と再開ボタンを追加

バグフィックス

・REST API のheaders、paramtersの変数が使用変数一覧にあがってこない不具合の修正、変数が存在しない際、赤文字ラベルにならない不具合の修正
・変数の加工の四則演算での桁あふれの不具合修正
・ROBO_WEBのスケジュールにて、打ち切り時間を設定した場合、実行することなく時間打ち切りになってしまう不具合の修正
・ブラウザ操作、フレーム切替アクションにてすべてのフレームを拾い切れていなかった不具合の修正

セルのクリア

★アクションの説明、概要

エクセル内のセルの値をクリアする方法について説明をしています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。

1-3.データ範囲設定

ロボットが処理を行う対象となるセルを固定にするか、データ量に応じて変わるのか設定します。

・現在の範囲

処理を行う範囲が対象となるセルの範囲に固定されます。

・範囲を拡張する

処理を行う範囲が処理の都度変わる可能性がある場合は、範囲を拡張するを選択します。

・行方向へ拡張する

範囲を拡張するを選択した場合で行の範囲を拡張したい場合にチェックします。

・列方向へ拡張する

範囲を拡張するを選択した場合で列の範囲を拡張したい場合にチェックします。

1-4.対象となるセル

処理対象範囲を設定します。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

変数の値を加工(数値関数)

★アクションの説明、概要

変数の値を加工アクション内へセットした値を四捨五入などの関数を使って変更する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.関数

1-1.四捨五入

四捨五入します。

・ 四捨五入する桁

何桁目で四捨五入をするかを指定します。

1-2.四捨五入

切り上げます。

・ 切り上げする桁

何桁目で切り上げをするかを指定します。

1-3.切り捨て

切り捨てます。

・ 切り捨てする桁

何桁目で切り捨てをするかを指定します。

2.結果

関数で設定した内容が表示されます。

変数の値を加工(数値の書式)

★アクションの説明、概要

変数の値を加工アクション内へセットした値の書式を変更する方法について説明しています。¥つきや,(カンマ)つきの書式に変更します。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.書式

書式をプルダウンで選択します。

1-1.カンマ区切り

数値をカンマ区切りにします。

1-2.通貨

数値を通貨表記にします。

1-3.パーセント

数値をパーセント表記にします。

2.結果

設定した内容が表示されます。

指定の文字が出るまで待つ

★アクションの説明、概要

画面内の操作したい個所を表示されている文字による指定を行います。そして指定した箇所が画面内に表示されるまでロボットの処理を一時停止させる方法について説明しています。

GoogleのAPIを使って変換をしています。OCR変換する文字はJobAutoからGoogleへ送信されます。ご承知おきください。Googleへインターネット経由で通信を行います。インターネットへの接続をプロキシサーバを介して行っている環境の場合は、プロキシの設定を行ってください。

またインターネットでアクセス先のドメインに制限がかかっている場合はvision.googleapis.comの制限を解除してください。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。画面を読み込みと操作対象にフォーカス、背景色についてはこちらをご覧ください。

1.基本設定

1-1.文字が見つかるまでのタイムアウト(秒)

設定した時間まで、指定した文字をロボットが探し続けます。

1-2.対象となる値

画面内から探す文字を入力します。変数参照可能です。

・検索ボタン 

対象となる値に設定された文字を画面内から探します。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。