OCR読み込み

★アクションの説明、概要

OCRを使って指定した範囲内の画像から文字を読み取る方法について説明しています

GoogleのAPIを使って変換をしています。OCR変換する文字はJobAutoからGoogleへ送信されます。ご承知おきください。Googleへインターネット経由で通信を行います。インターネットへの接続をプロキシサーバを介して行っている環境の場合は、プロキシの設定を行ってください。

またインターネットでアクセス先のドメインに制限がかかっている場合はvision.googleapis.comの制限を解除してください。

★アクションの作成方法

★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1. 読み込むファイル

OCR変換するファイルのファイルパスを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

1-2.ページ番号

OCR変換する対象のページ番号を設定します。

1-3.OCR読み込み番号

OCR変換アクションでは6つまで読み込みの設定をできます。設定の識別番号です。

1-4.読み込み番号の座標

OCR読み込み番号ごとに設定する座標です。

・左位置

OCR変換する位置を設定します。変数参照可能です。

・上位置

OCR変換する位置を設定します。変数参照可能です。

・右位置

OCR変換する位置を設定します。変数参照可能です。

・下位置

OCR変換する位置を設定します。変数参照可能です。

1-5.OCR変換後の格納先

OCR変換した値を格納する変数を設定します。

1-6.OCR読み込みイメージ保存先

OCR変換すると画像ファイルとして保存されます。画像ファイルのファイルパスを格納する変数を設定します。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。

2-2.OCRイメージ保存先

OCR変換すると画像ファイルとして保存されます。画像ファイルのファイルパスを設定します。

2-3.文字での検出方式 ※0.10.6から

文字を単語単位で区切ってOCRにかけるか、文章全体でOCRにかけるかを設定します。OCRにかけた結果に複数の言語(たとえば英文字とギリシア文字)が混在するなどの場合は、文章での検出を行います。

・単語での検出

単語単位で区切ってOCRにかけます。OCRにかけた文字によっては、OCRにかけた結果に複数の言語が混在することがあります。

・文章での検出

文章でOCRにかけます。OCRにかけた結果は単一の言語です。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

シートの名前を変更

★アクションの説明、概要

エクセルシートの名前を変更する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。

1-3.変更後のシート名

変更した後のシート名を設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

ロボット説明書出力

ロボットの処理内容について記載した説明書を出力する機能があります。

作成したロボットの引継ぎや共有をするときに、出力した説明書を使うと効率が上がります。

2つのモニタを使用していてエクセルを起動するとサブモニタに表示される場合、この機能を実行するとエラーになります。エクセルがメインモニタに表示されるようにしてから、この機能をご使用ください。※エクセルを起動しサブモニタからメインモニタへ移動させてから閉じると、メインモニタで起動するようになります

出力したファイルの説明は以下の通りです

[概要シート]

ロボットの概要が記載されています

・プロジェクト名
ロボットが所属するプロジェクト名です

・ロボット名
ロボット名です

・作成日時
説明書を作成した日時です

・アクション数
ロボットが持っているアクションの数です

・ロボデザインバージョン
説明書を出力したときのロボデザインのバージョンです

・ロボットの概要
ロボットの概要です

・ロボット引数
ロボットの引数の設定です。引数の設定がない場合は、何も表示されません

・データベース
データベースの定義です。ロボットが所属するプロジェクトにデータベース定義が設定されている場合に表示されます

・カスタムアクション
カスタムアクションの一覧です。ロボットが所属するプロジェクトにカスタムアクションが作成されている場合に表示されます

・変数
ロボットで使用している変数の一覧です

>グループ名
変数が所属する変数グループ名です

>変数名
変数の名前です

>初期値
変数の初期値です。初期値がない場合は、何も表示されません

[フロー図シート]
ロボットのアクションフローです。アクションのアイコンをクリックすると、アクション詳細シートへジャンプします

[アクション詳細シート]
ロボット内の各アクションの設定値の一覧です。アクション名に該当するセルをクリックすると、フロー図シートへジャンプします

[変数一覧シート] ※0.10.3から追加

ロボット内で作成した変数の一覧です。変数がどのアクションで使用されているかを一覧で確認することができます

シートのコピー

★アクションの説明、概要

エクセル内のシートをコピーする方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。

1-3.追加するシート名

追加するシート名を設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

シートの削除

★アクションの説明、概要

エクセル内のシートを削除する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

シートの追加

★アクションの説明、概要

エクセル内へシートを追加する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.追加するシート名

追加するシート名を設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

列の繰り返し

★アクションの説明、概要

エクセルの指定した行の中を繰り返し処理する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。

1-3.データ範囲設定

ロボットが繰り返し処理を行う対象となるセルを固定にするか、データ量に応じて変わるのか設定します。

・現在の範囲

繰り返し処理を行う範囲が対象となるセルの範囲に固定されます。

・範囲を拡張する

繰り返し処理を行う範囲が処理の都度変わる可能性がある場合は、範囲を拡張するを選択します。
繰り返しの対象範囲をALL列まで指定することができます。

1-4.対象となるセル

繰り返し処理を行う範囲を設定します。変数参照可能です。

1-5.1列目を行名とする

繰り返し処理を行う範囲の1列目を行名(ヘッダー)として、処理対象から外す場合はチェックを入れます。作成済の同アクションを編集で開き、チェックを入れる、またはチェックを外す場合は、行名と変数の対比表の再作成が必要です。

1-6.行名と変数の対比表

繰り返し処理では対象となるセルから取得したデータを行ごとに変数へ格納します。どの行をどの変数へ格納するかをここで定義します。

・+

定義を追加します。

ー行名と変数の対比表作成

・行

行を設定します。

・変数名

格納先の変数を設定します。

・ー

定義を削除します。

・行名を変数に登録する

1列目を行名とするへチェックを入れた場合、行名を変数名として登録します。

ー行名を変数に登録する

・グループ名

行名を新しい変数グループ内に作成します。新しく作成する変数グループ名を設定します。

・変数の識別子

変数を固有に識別するための文字を設定します。


2.高度な設定

2-1.範囲の名前

繰り返しの名前を設定します。ここで設定した名前は、セルに値入力などの基本設定のシート名の名前で選択することができます。

2-2.取得する値

セルに入っている値を取得するか、セルに表示されている値を取得するかを設定します。たとえば、セルの保持している値は2019/8/29だが、表示されている値は2019年8月の場合、以下のようになります。

・セルが保持している値

セルに入っている値を取得します。 2019/8/29が取得されます。

・セルが表示している値

セルが表示している値を取得します。2019年8月が取得されます。

2-3.セルへのフォーカス

アクションを実行したときに処理対象のセルを選択状態にするか、しないかを設定します。

・フォーカスする

選択状態にします。

・フォーカスしない

選択状態にしません。

2-4.非表示セルの扱い

フィルタなどで非表示になっているセルをループの対象にするか、しないかを設定します。

・処理対象に含める

非表示セルも処理対象になります。

・処理対象に含めない

非表示セルは処理対象になりません。

2-5.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

リリースノート – 0.9.21 (2019-02-18)

機能追加
・ロボットの説明書出力機能追加

機能修正
・フォルダ、ファイルのループ処理でファイル名に含む文字を変数対応
・メイン画面最小化時、コントロール画面は最小化しないように対応
・エクセル 列ループの機能追加
・zipunzipアクションにて、zip時に対象ファイルを*ワイルドカードを利用できるように対応
・JavaScript実行アクションにて、変数名を直接使えるように対応
・ファイルの存在チェックアクションにて、変数名を直接使えるように対応

バグフィックス
・WEB行ループの拡張機能時に、//*で始まるケースで対象リストが取れないバグ修正
・WEBjavascript実行アクションにて、$sを利用するケースでそのあと、正常に動作しないバグ修正
・WEB行ループ時の一覧取得の処理性能改善
・WEB行ループ内での値取得時、xpathが変数の場合に正確な対象を取得できていないバグ修正
・アプリ操作のアクション実行時に5秒後に実行が効かないバグ修正