最新のファイルだけ処理を行う

フォルダ内に格納されている最新のファイルだけを処理しましょう。

sample006

以下のように設定をして、最新のファイルパスを変数に格納します。

並び替えの設定で「更新日付の降順」にします。また取得するファイル数を「1」にします

sample008

ロボットはこちらからダウンロードできます。

ページをまたがって繰り返し処理を行う

以下のページのように検索の結果の表示がいくつかのページにまたがって表示されており、各ページからデータを取得するにはどうしたらいいでしょうか。

sample001

表示されるページは検索の結果によって異なるため、次頁というリンクをクリックできる限り処理を繰り返すというフローを作成します。(次頁というリンクをクリックできなくなるまで繰り返し処理を行う)

 

作成したフローが以下となります。

sample003

 

 

 

 

ページ内の値取得が終わったら、「次頁」をクリックします。このとき、Webページは次のページが表示されます。

sample004

次に「ブックマークにジャンプ」が実行され、ブックマークへ処理が移ります

sample005

検索結果の表示が最後のページになった場合、次頁が見つからずにエラーになります。このときに鰓発生時の対応の設定を「後続処理をしない」にしておきます。ブックマークにジャンプが実行されず、後続のアクションへ進みます

ロボットはこちらからダウンロードできます。

ブラウザ操作で要素をうまく設定するコツ

1.要素にフォーカスボタンを使う

設定を変更したら、要素にフォーカスを行って確認しましょう

focus

2.再フォーカスで要素を再設定

編集画面を開いた状態で、ブラウザ内の操作したい個所を選択し、右クリックすると操作個所の再設定ができます

refocus

3.テキストパターンによる設定

画面に表示されている文字で操作個所を指定することもできます。テキストパターンをうまく使いましょう

textpattern

4.classは基本的に使わない

アクションを作成したときにAttibuteに自動的に設定される値としてclassという値があります。classは操作個所のデザインの設定を表していますが、デザインは変わることが多いので、classは空白にするのをおすすめします

class

5.ID付きのxpath

操作個所のHTMLにIDがある場合、アクションを作成したときにxpathはID付きの設定になります。IDがよく変わるサイトであれば、チェックを外して指定をするのをおすすめします。

is_xpath

6.要素の繰り返しにおいて実行のたびにxpathが変わるとき

要素の繰り返し処理で以下のようなxpathを指定しています。
//*[@id=”testdayo”]/div/div[2]/div[6]/img

しかし実行するタイミングによっては以下のようなxpathじゃないといけないことがあります。
//*[@id=”testdayo”]/div/div[2]/div[8]/img

アクションを設定したときはdiv[6]でしたが、実行したときにdiv[8]となっていたためエラーとなってしまいました。こんなときは以下のように設定するとxpathが変わったことを吸収することがあります。
//*[@id=”testdayo”]/div/div[2]/div/img

画像が消えるまで待つ

★アクションの説明、概要

画面内の操作したい個所を画像による指定を行います。そして指定した箇所が画面内から消えるまでロボットの処理を一時停止させる方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。画面を読み込みと操作対象にフォーカス、背景色についてはこちらをご覧ください。

1.基本設定

1-1.画像が見つかるまでのタイムアウト(秒)

設定した時間まで、指定した画像をロボットが探し続けます。

1-2.画像一致率

指定した画像と画面に映っているアプリの画像の一致率を設定します。高いほど正確性は増しますが、正確性の判定が厳しすぎて、アプリの画像があるのに画像がないという判定になることもあります。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

リリースノート – 0.10.0 (2019-09-24)

お知らせ
ウィルスソフトの検知にかからないようにするプログラムが本リリースで追加されました。
本バージョンを使用する際は、ウィルスソフトの除外設定をお願いいたします。
★対象のファイル
本製品のフォルダ\client\
robo_clistener.exe

機能追加
・エクセル機能、全てのエクセルを終了するアクションを追加しました
・変数機能、変数の値を加工アクションに、配列に変換機能を追加しました
・変数機能、配列の繰り返し処理アクションを追加しました
・変数機能、変数の値の加工アクションに、ファイルパスから、ファイル名だけ取り出す、フォルダだけ取り出す機能を追加しました
・変数一覧の変数を右クリックで、初期化、値のセット、クリアの機能を追加しました

機能修正
・ブラウザ機能、要素のループに、昇順、降順、ループ間隔を追加しました
・スケジュール実行時に、Proxy情報が引き継がれるよう修正しました
・各アクション画面のINPUT要素に変数参照ボタンを配置しました
・エクセル機能、PDF出力にページ番号を指定可能にしました
・ROBO_SERVER、ROBO_CLIENTをコマンドプロンプトからタスクトレイ常駐アプリに変更しました
・RESTAPIでのsslhandshakeエラーが発生する場合、証明書の検証をしないことで処理継続可能にしました
・エラーハンドリングの設定、エラーを無視して継続するとした場合でもログ出力にチェックを入れられるよう修正しました
・ブラウザ機能、クリックアクションでクリック対象の上にローディング画像があってクリックできないようなケースの場合にクリックできるように修正しました
・その他、スクリーンショットアクションに、現在接続中のアプリのショットを撮る機能を追加しました
・ブラウザ機能、クリックアクションでダウンロードが始まるまでの待ち時間を指定可能にしました
・スケジュール実行時のログのエラーの位置と同様、ROBO_DESIGN上でのアクションにマウスオーバーした際の座標も縦:9、横:9と縦横表記に修正しました
・ブラウザ機能、要素の非表示アクションで、複数要素で構成されている要素内の親要素を非表示にした場合、その配下の子要素も非表示になるよう修正しました
・エクセル機能、マクロの実行アクションで、マクロ名が日本語の場合、失敗するバグを修正しました
・エクセル機能、マクロの実行アクションで、マクロの終了までの待ち時間を指定可能に修正しました
・繰り返しアクションを選択した際、ヘッダー部分に現在のループカウントを表示するよう修正しました
・ROBO_WEB上の更新間隔の位置を左上に変更しました

バグフィックス
・RDにて、OCR読み込みアクションの連続作成時にフリーズするバグ修正
・RDにて、エクセルとの接続が切れるバグ修正
・1週間以上ROBO_SERVERを起動し続けていると、ROBO_WEBがダウンするバグを修正
・スケジュール実行時、ロボットからのカスタムアクション呼び出しが機能していなかったバグを修正
・スケジュール実行時、無効にしたPCが指定されている場合でも実行されてしまうバグを修正
・DB機能、SELECTアクションで結果が逆順に処理されるバグを修正