バージョン0.10.4でロボデザインがかわりました

バージョン0.10.4ではロボデザインの構成や使用方法に変更点がたくさん入りました。その変更点についてこのページではまとめています。

1.ロボデザインの見た目が変わりました。水色を基調にした色に変わりました。

2.ツールバー、リボン、左サイドメニューの内容が変わりました。

1)ツールバー

・ファイル、アクションを削除

・従来のファイルで行っていた各設定は、設定内へ移動。

・共通部品(従来はカスタムアクションと呼んでいました)、データベースを左サイドメニューから移動して追加。

・左端にロボデザインで開いているプロジェクト名を表示

2)リボン

・アクションを追加するためのアイコン、ロボットを実行するための各ボタン、RIDやプロジェクトの情報の表示を削除

・ロボット名を表示、プルダウンでロボットを選択して開くように変更。

・使用する機会の多いロボットの新規作成などの機能を追加

3)左サイドメニュー

・カスタムアクション(0.10.4から共通部品)、データベースを削除し、ツールバーへ移動

3.共通部品(従来はカスタムアクションと呼んでいました)を開いたときの色が変更

ロボデザインで共通部品を開くとロボデザインの色が水色から、灰色がかった緑になります

4.コントールパネルの使い勝手の向上

1)従来はアクションとテスト(デバッグ)の2つのタブに分かれていたアイコンを、1つにまとめました。

2)各アイコンに名前を付与しました。

3)ブランチや条件分岐を削除しました。ブランチや条件分岐の追加はアクションフロー内でアクションを右クリックして行います。

5.アクションフローでアクションを選択して右クリックしたときに表示される編集メニューの内容の再整理を行いました。

1)アクションの追加が編集メニューを開いたときに表示されるようにしました。

2)アクションの削除をアクション操作の中に移動しました。

3)分岐操作内のブランチや条件分岐の追加は編集メニューからだけ行うようにしました(コントロールパネルから削除)。

6.ブラウザ操作のアクションの追加のしやすさの向上

1)操作したい個所を選択して右クリックしたときに表示されるアクションの表示を変更しました。選択した操作個所に応じて設定する候補のアクションが表示されます(候補にない場合は、全てのアクションをクリックして表示された一覧から選択します)

2)操作したい個所の指定をボタンなどの名前で設定するか、タグ(xpath)で設定するかを選べるようになりました。

7.エクセル操作のアクションの追加のしやすさの向上

1)操作したい個所を選択して右クリックしたときに表示されるアクションの表示を変更しました。選択した操作個所に応じて設定する候補のアクションが表示されます(候補にない場合は、全てのアクションをクリックして表示された一覧から選択します)

リリースノート – 0.10.4 (2021-01-25)

機能追加

・ロボデザインのUIを大幅に改善 ※詳細はこちら
・ROBO_WEBのシステム管理者画面に、スケジュール実行予定表を追加 ※マニュアルページはこちら
・アプリ操作、指定の文字に対して操作する機能としてを以下のアクションを追加。
 >指定の文字に対してマウス操作
 >指定の文字が出るまで待つ
 >指定の文字が消えるまで待つ
・ブラウザ操作、要素に対するアクション選択時、まずは該当しそうな候補を最初に出すように修正
・ブラウザ操作、マウスオーバー時に要素にフォーカスされるよう機能を追加
・ブラウザ操作、選択された要素をクリックした際、処理対象が親要素へ移動するように修正
・ログ一覧のステータスが「エラーあり」「緊急停止」「時間打ち切り」「異常終了」のステータスを「対処済み」に変更できるように修正 ※マニュアルページはこちら
・ロボデザインで、ロボット、共通部品をプロジェクト間でコピーできるように修正
 >ロボットをプロジェクト間でコピー
 >共通部品をプロジェクト間でコピー
・ロボット、共通部品、ともにROBO_WEBから複数同時ダウンロードできるように修正
・ロボデザインのログをエクスポートして、ZIPファイルとしてデスクトップに作成する機能を追加 ※マニュアルページはこちら
・変数の値の加工アクションに、数値の書式(カンマ区切り、通貨、パーセント)を追加
・変数の値の加工アクションに数値関数(四捨五入、切り上げ、切り捨て)を追加
・ブラウザ操作、要素に対するアクション(クリック、値入力、値取得等)に要素インデックスを追加
・ブラウザ操作、クリックして別windowが開いた際、続けてwindow切替画面を表示する機能を追加
・エクセルの最終セルのアドレスを取得するアクションを追加
・ログ出力アクションに「ログにスクリーンショットを含める」オプションを追加。これによりROBO_WEBのログ詳細画面からログ出力時の画面ショットを見れるようになる。
・エクセル操作、指定したセルの値をクリアする機能を追加
・ログステータスを「エラーあり」「異常終了」から「対処済み」に変更できる機能を追加

機能修正

・ROBO_WEBのスケジュール新規編集画面内、PC名ロボット名の選択設定の並び順をソートして表示するように修正
・ロボデザインのロボットダウンロードにて、プロジェクト一覧、レシピ一覧を名前順にソートして表示するように修正
・スケジュールの終了時刻を現在時刻から実際のロボットの終了時刻にするように修正
・エクセルの各アクションで処理対象のファイルをブックインデックスだけでなく、ファイル名でも指定できるように修正
・フォルダの繰り返し処理、特定の文字がフォルダ名に含んでいた場合、そのフォルダは繰り返し処理の対象外とするオプションを追加
・フォルダコピーアクション、コピー先のフォルダへ強制的に上書きするオプションを追加
・メール送信アクション、ポート番号465でも送信できるように修正
・ROBO_WEBのログ一覧画面、Searchボックスに、–ではじまる入力をするこで除外検索をできるように修正
・ROBO_WEBのスケジュール内で設定できる休日パターンについて、複数のパターンを設定できるように修正
・変数に対して、利用用途等のコメントを書ける欄を追加
・アプリ接続で接続先のアクションの一覧にアプリのタイトル以外にプロセスの一覧も表示するように修正
・アプリ操作のキー送信に、スペース、バックスペースを追加
・ロボデザインのデバッグ用として、ブラウザへのフォーカスの中断と再開ボタンを追加

バグフィックス

・REST API のheaders、paramtersの変数が使用変数一覧にあがってこない不具合の修正、変数が存在しない際、赤文字ラベルにならない不具合の修正
・変数の加工の四則演算での桁あふれの不具合修正
・ROBO_WEBのスケジュールにて、打ち切り時間を設定した場合、実行することなく時間打ち切りになってしまう不具合の修正
・ブラウザ操作、フレーム切替アクションにてすべてのフレームを拾い切れていなかった不具合の修正

リリースノート – 0.10.3 (2020-08-24)

機能追加
・アプリの最大化・最小化アクションの追加。使用手順はこちらです
・RoboWebのスケジュール画面、実行パターンに、月末単位、1回のみ実行、スケジュール実行しないパターンを追加。使用手順はこちらです
・RoboWebのスケジュール画面、休日設定機能でスケジュールをスキップできる機能を追加。使用手順はこちらです
・RDの変数一覧画面の切り離し別windowで参照できる機能の追加。使用手順はこちらです

機能修正
・カスタムアクションへ処理の概要を書き込む欄の追加
・Excelの行ループに、性能改善のため、”セルへフォーカスする”オプションの追加
・Excelの行ループアクションに、フィルタされた非表示セルの扱いオプションの追加
・フレーム切り替えアクションの選択時の選択判別を画面下に内容をだすように修正
・ExcelのPDF出力アクションに、シート内の印刷設定の範囲をPDF出力対象とするオプションの追加
・RoboWebのスケジュール実行でエラーが発生したときに、ログ詳細画面にその時の画面ショットを追加
・アプリ操作のキー送信でESCキーを送信できるように修正
・RDのカスタムアクション呼び出しを展開する際、”値を渡さずに開く” or ”値を渡して開く”の選択肢を追加
・RDからRoboWebへロボットをアップロード、ダウンロードする際、RDのプロジェクト名と同一のものがあればそのプロジェクトを、なければ前回選択したプロジェクトをデフォルトで選択するように修正
・RoboWebのPCモニタリング画面で画面の更新間隔を削除し、随時更新状態に修正
・RS側の時刻がずれているケースがあるため、RoboWebの時刻をRSの時刻に合わせるよう修正
・フラグへジャンプアクションで、ジャンプする先のブックマークをプルダウン形式からリスト形式に変更し、XY座標も併せて表示するよう修正
・ブックマークアクションを作成したときに、アクションの設定画面へ表示されるデフォルトの名前を自動的にインクリメントした状態で作成されるよう修正
・ロボデザインでエクスポート、インポートする際、「_」を含んだロボットファイルを制限するよう修正

バグフィックス
・カスタムアクションの説明書の出力ができなかった不具合の修正
・RDの全実行でクラッシュする不具合を修正
・RoboWebのPC一覧からPCを削除できない不具合を修正
・アプリ操作の要素指定時、フォーカスしなおすとエラーハンドリングがデフォルトに戻る不具合を修正
・エラーハンドリングタブで”条件分岐の次のエラーへ移動”を選択すると、基点が表示されてエラー時にログ出力チェックが隠れてしまう不具合の修正
・変数の加工アクションの文字置換で変数を選択した際、画面がくずれる不具合の修正
・カスタムアクション内でブレークポイントを設定すると、フリーズする不具合の修正
・ロボットを全実行した際、無効化されているカスタムアクションでずっとアクティブな状態で停止してしまう不具合の修正
・カスタムアクション内でブックマークにジャンプアクションの設定画面が表示されない不具合の修正
・RoboWebのスケジュール画面で1000か月先でスケジュールを新規作成するとスケジュール一覧画面が開かなくなる不具合の修正
・タグのループ内でaタグの値をとる際、1行目のループ内にaタグが無いケースで2行目のaタグにフォーカスしてしまう不具合の修正
・RoboWebのスケジュール画面内、実行パターンをCRON形式にしたときに、開始日時が未来だった場合に、次回実施予定の対象から外れてしまう不具合の修正
・RoboWebで新しくスケジュールを作成したときに、開始日時が未来の日時なのにスケジュールの一覧にはその次に実行される日時が表示され、設定した開始日時を経過してもスケジュール実行が始まらない不具合の修正
・IEをアプリ操作する際、要素を読めなくなる不具合の修正
・Excelの最終行のセルのアドレスを取得アクションで、1行目しかないエクセルで実行した場合に、最終行が1048576という結果となってしまう不具合の修正

リリースノート – 0.10.2 (2020-03-24)

機能追加
・ロボットのオプションで、対象要素を囲まないようにできるオプション追加
・スケジュール実行時に、打ち切り時間機能を追加
・変数操作、5回だけ繰り返したい時などのために、単純LOOPアクションを追加
・変数操作、値の加工アクションに和暦西暦変換機能を追加
・アプリ操作、要素指定によるキャプチャーアクションを追加
・エクセル操作、最終行、最終列を取得するアクションを追加

機能修正
アプリ操作
・キー送信のオリジナルキー作成画面にて、キーアクションの削除、並び替え機能を追加
・要素指定の際、タイプの設定を//タイプ名、もしくはタイプ名で指定可能に修正
・要素出現まで待つオプションを有効にした際の不具合を修正
・IEを操作している際、要素を読めなくなるバグを修正
・キー送信のオリジナルキー作成にて、キー操作の順番変更機能、WAIT機能を追加
・アプリ操作全般、ブラウザ起動アクションでROBO_DESIGNが落ちるバグを修正
・アプリに接続アクションの詳細画面で、アプリ名を選択した際、対象のアクションをハイライトする機能を追加

ブラウザ操作
・タグの繰り返しアクションの性能改善
・要素特定の際の性能改善
・selectタグ、inputタグのタイプがradio、checkboxのケースで、現在の選択値を取得できるよう修正
・画面ショットアクションで、余白を指定可能に修正
・クリックアクションでファイルをダウンロードする際、対象ファイルの拡張子を指定することで、確実にダウンロード完了まで待てるよう修正
・要素をハイライトする際、囲む範囲を広めにとるよう修正
・クリック、値取得、値入力、値選択といった要素に対するアクションのadvancedタブで設定できるattributeを選択した際、attribute_valueを自動設定するように修正
・性能改善のため、今まで自動で実施していたアラートチェック、フォーカスの移動をadvancedタブで選択できるよう修正
・アクションを新規に作成する際、advancedタブ内のattribute値はdefaultは何も設定しないよう修正

エクセル操作
・行ループの対象列数、列ループの対象行数を相当数拡張

その他
・カスタムアクションを開けるよう、アクションアイコンのコンテキストメニューに追加
・ROBO_WEB、PC設定画面からリモートアカウント、リモートパスワードを削除
(ROBO_LOCK機能を推奨します)
・ROBO_WEB、登録PCを削除する機能を追加

バグフィックス
・アプリ操作、IEの操作時、htmlの要素が読めなくなる不具合を解消
・アプリ操作、ブラウザ操作時、クリップボード貼り付けが失敗する不具合を解消
・ブラウザ操作、フレームの切り替え画面を編集で開く際、該当のフレームが無いと未選択状態になる不具合を解消
・ブラウザ操作、タブの切り替え画面を編集で開く際、該当のタブが無いと未選択状態になる不具合を解消
・ROBO_WEBにて、同一プロジェクトに同一スケジュール名を登録できるバグを修正
・変数が1000個を超えるケースで、変数グループを削除しても変数が一緒に消えないバグを修正
・変数が1000個を超えるケースでアクションの詳細画面を開くのに時間がかかるバグを修正
・GoogleSpreadSheet操作時、値の取得ができないケースがあるバグを修正
・ブラウザ操作、表示されていない要素が対象となるバグを修正
・フォルダコピーで、フォルダ名に空白があると失敗するバグを修正
・ROBO_DESIGNにて、アクション数が200個を超えるケースで、アクションをダブルクリックしても詳細が開かないバグを修正

リリースノート – 0.10.1 (2019-12-02)

機能追加
・変数一覧の変数を右クリックメニューに、「クリアする、初期に戻す、値をセットする、使用しているアクションを確認する」というメニューを追加しました
・値の加工アクション、関数に乱数生成を追加しました
・ROBO_WEBのスケジュールに、同一PCでロボットが実行中の場合、終了までまつ機能を追加しました
・エクセル操作、最終行のセルのアドレス取得機能を追加しました

機能修正
・ROBO_DESIGNのアイコンをカラー化しました
・ブラウザ機能、ブラウザの起動アクションにページロードタイムアウトを追加しました
・アプリ操作、アプリの接続アクションの処理速度を改善しました
・アプリ操作、要素特定全般の精度を大幅に改善しました
・アプリ操作、要素特定全般の処理速度をやや改善しました
・ブラウザ操作、値入力アクションにて、クリック、クリア後、値入力までの待ち時間を追加しました
・アプリ操作全般に対して、中断時にすぐ処理を停止するようにしました
・0.10.1の本バージョンからアプリ操作の要素指定方法を変更したため、アプリ操作画面のadvancedエリアにバージョンを追加しました
・アプリの値入力アクションの文字間のwaitを0.05から0.1に変更しました
・アプリ操作の要素選択時、要素が重なっている場合に選択できないので、クリックするたびに選択要素を変えるように修正しました
・ブラウザを起動アクションのプロファイルのPathを変数設定可能にしました
・ROBO_WEBのadminはすべてのプロジェクトに参加されるように修正しました

バグフィックス
・エラーハンドリングを条件分岐の次の枝に移動にした場合、アクションを開いた段階で条件分岐名が消えている不具合を修正しました
・エクセル保存アクションにて、既に開いてあるファイルと同一名のファイルとして保存しようとした際、保存に失敗し、エクセルが削除されてしまう不具合を修正しました
・エラー発生時の対応で、条件分岐の次のフローに移動を選択した際、基点がクリアされる不具合を修正しました
・ROBO_WEB、プロジェクトメンバー編集画面の保存時、ユーザーの紐づけが解除される不具合を修正しました
・アプリ操作、キー送信と値入力アクションで、要素のアクティブチェックがついてないのに、無条件でアクティブにするようになっていた不具合を修正しました

リリースノート – 0.10.0 (2019-09-24)

お知らせ
ウィルスソフトの検知にかからないようにするプログラムが本リリースで追加されました。
本バージョンを使用する際は、ウィルスソフトの除外設定をお願いいたします。
★対象のファイル
本製品のフォルダ\client\
robo_clistener.exe

機能追加
・エクセル機能、全てのエクセルを終了するアクションを追加しました
・変数機能、変数の値を加工アクションに、配列に変換機能を追加しました
・変数機能、配列の繰り返し処理アクションを追加しました
・変数機能、変数の値の加工アクションに、ファイルパスから、ファイル名だけ取り出す、フォルダだけ取り出す機能を追加しました
・変数一覧の変数を右クリックで、初期化、値のセット、クリアの機能を追加しました

機能修正
・ブラウザ機能、要素のループに、昇順、降順、ループ間隔を追加しました
・スケジュール実行時に、Proxy情報が引き継がれるよう修正しました
・各アクション画面のINPUT要素に変数参照ボタンを配置しました
・エクセル機能、PDF出力にページ番号を指定可能にしました
・ROBO_SERVER、ROBO_CLIENTをコマンドプロンプトからタスクトレイ常駐アプリに変更しました
・RESTAPIでのsslhandshakeエラーが発生する場合、証明書の検証をしないことで処理継続可能にしました
・エラーハンドリングの設定、エラーを無視して継続するとした場合でもログ出力にチェックを入れられるよう修正しました
・ブラウザ機能、クリックアクションでクリック対象の上にローディング画像があってクリックできないようなケースの場合にクリックできるように修正しました
・その他、スクリーンショットアクションに、現在接続中のアプリのショットを撮る機能を追加しました
・ブラウザ機能、クリックアクションでダウンロードが始まるまでの待ち時間を指定可能にしました
・スケジュール実行時のログのエラーの位置と同様、ROBO_DESIGN上でのアクションにマウスオーバーした際の座標も縦:9、横:9と縦横表記に修正しました
・ブラウザ機能、要素の非表示アクションで、複数要素で構成されている要素内の親要素を非表示にした場合、その配下の子要素も非表示になるよう修正しました
・エクセル機能、マクロの実行アクションで、マクロ名が日本語の場合、失敗するバグを修正しました
・エクセル機能、マクロの実行アクションで、マクロの終了までの待ち時間を指定可能に修正しました
・繰り返しアクションを選択した際、ヘッダー部分に現在のループカウントを表示するよう修正しました
・ROBO_WEB上の更新間隔の位置を左上に変更しました

バグフィックス
・RDにて、OCR読み込みアクションの連続作成時にフリーズするバグ修正
・RDにて、エクセルとの接続が切れるバグ修正
・1週間以上ROBO_SERVERを起動し続けていると、ROBO_WEBがダウンするバグを修正
・スケジュール実行時、ロボットからのカスタムアクション呼び出しが機能していなかったバグを修正
・スケジュール実行時、無効にしたPCが指定されている場合でも実行されてしまうバグを修正
・DB機能、SELECTアクションで結果が逆順に処理されるバグを修正

 

リリースノート – 0.9.24 (2019-06-25)

今回のリリースでは、バージョンアップを推奨しております。
ご使用中のChromeブラウザのバージョン75へアップデートされた場合に、ロボットの一部のアクションが動かない事象が発生したことへの対応を行ったためです。

機能追加
・特になし

機能修正
・特になし

バグフィックス
・ブラウザのクリックアクションにおいて、Chromeのバージョンアップに伴う修正
・ブラウザのアラート取得アクションにおいて、Chromeのバージョンアップに伴う修正

リリースノート – 0.9.23 (2019-06-10)

機能追加
・スプレッドシートのフィルタ、ソート機能をフリーハンドアクションとして提供
・各ロボクライアントのCPU、メモリ状況をモニタリングできる機能追加
– RCのCPU・メモリの使用状況、プロセス一覧、画面ショット
– システム管理者のみ閲覧可能
・robo_lock状態でも各PCの画面の状態をリアルタイムで監視できる機能追加
– robo_lock機能を使うことで、画面ロック状態にしつつ、ロボを実行させられる
– その上で、動いている画面を、RSからリアルタイム監視できる。

機能修正
・エクセルシートの名前取得、コピー範囲の拡張を列、行単位で指定可能に修正
・アクション編集画面を開いている間、変数値を拡大表示させるボタンをクリックしても編集画面を閉じないように修正
・ROBO_WEBのスケジュール一覧を有効無効で絞り込みできるように修正
・ロボクライアントとの通信が切れた際に通知できるように修正
・ROBO_WEBのSMTP設定画面にてテストメールを送信できるように修正
・前のページに戻るアクションに、実行前後でURLが同じ場合、エラーとする機能を追加
・アプリのキー送信処理にて、キー送信できない文字を変数参照させて実行するアクションを作成した場合エラーとするように修正
・ROBO_SERVERのWEB機能のPC一覧に0.9.23以降に限りバージョンを表示するように修正
・ROBO_SERVERのWEB機能のスケジュール一覧に実行端末を表示するように修正
・エクセル閉じるアクションのブックインデックスを手修正できるように修正
・スプレッドのセル移動、セル値取得で現在のURLに対して行うかどうかのチェックを追加
・実行版でもブレークポイント、コメント編集できるように修正

バグフィックス
・OCR変換を含むロボットの説明書出力をすることができないバグを修正
・保持期限外のROBO_SERVERログの削除機能が機能していないバグを修正
・robo_server側のメモリの消費が大きいため、ROBO_SERVERのWEB機能を再起動、ガベージコレクションを定期的に実行
・スケジュール実行で前回分のログファイルの削除失敗した際に、その旨を通知して異常終了するように修正
・DBへの接続設定が同じプロジェクト内の異なるレシピ同士で、共有されていないバグを修正
・DB実行処理にて、OLEDB、ODBCで実行処理が動いていないバグを修正
・メール送信にて機種依存文字をタイトルに設定した場合、文字化けするバグを修正
・ブラウザのマウス操作におけるダウンロード処理において、Chromeのバージョンアップに伴う修正(2019.06.25 記載漏れによる追加)

リリースノート – 0.9.22 (2019-04-02)

機能追加
・ROBO_WEBの各スケジュールに概要を書く欄を追加
・ブラウザ機能、要素を非表示にするアクション追加
・エクセル機能、シートの追加、シートのコピー、シート名の変更アクション追加
・OCR読み取りアクション、PDFのイメージ変換アクション追加

機能修正
・データベース関連、SELECT、EXECUTEアクションに変数をシングルクォーテーションで囲むかどうかのチェック追加
・ファイル、フォルダの繰り返しアクションに特定の文字列を含む条件設定を追加
・ロボットの新規作成時、ロボット実行の前提、実行のきっかけ、後処理を書けるよう修正
・ロボット、カスタムアクションをROBO_WEBへアップロードする際、変更履歴を入力できるよう修正
・プロジェクトの新規登録時、概要、目的などを書けるよう修正
・ブラウザ、ファイルダウンロード時の一時フォルダを取得できるよう%%DOWNLOAD_FOLDER_PATH%%を用意
・ブラウザ、値選択アクションに表示値かコード値の選択可能に修正
・ブラウザ、タグのループアクションに昇順降順機能追加
・コマンドライン実行アクションに、機種依存文字の文字化け対応としてadvancedタブにsjisかutf8の選択機能を追加
・コントロールパネルからカスタムアクションのアップロードができるよう修正
・カスタムアクションのコピー機能追加
・ブラウザ、タグのループアクションのxpathフィルターも変数対応できるよう修正

バグフィックス
・ブラウザの画面ショットアクションの不具合修正
・ROBO_WEBからロボットファイルのダウンロードができない不具合修正
・起動中のアプリに接続アクションにて、「(」がある場合、接続に失敗する不具合修正

リリースノート – 0.9.21 (2019-02-18)

機能追加
・ロボットの説明書出力機能追加

機能修正
・フォルダ、ファイルのループ処理でファイル名に含む文字を変数対応
・メイン画面最小化時、コントロール画面は最小化しないように対応
・エクセル 列ループの機能追加
・zipunzipアクションにて、zip時に対象ファイルを*ワイルドカードを利用できるように対応
・JavaScript実行アクションにて、変数名を直接使えるように対応
・ファイルの存在チェックアクションにて、変数名を直接使えるように対応

バグフィックス
・WEB行ループの拡張機能時に、//*で始まるケースで対象リストが取れないバグ修正
・WEBjavascript実行アクションにて、$sを利用するケースでそのあと、正常に動作しないバグ修正
・WEB行ループ時の一覧取得の処理性能改善
・WEB行ループ内での値取得時、xpathが変数の場合に正確な対象を取得できていないバグ修正
・アプリ操作のアクション実行時に5秒後に実行が効かないバグ修正