WEBページ内のアクション(セレクトボックス)

★アクションの説明、概要

WEBページ内のセレクトボックス内の値を選択する方法について説明しています。

全角スペースが入っている文字を選択するケースで、値の識別方法に表示値を設定するとエラーとなります。全角スペースが入っている文字を選択する場合は、値の識別方法はコード値を設定してください。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.選択値

プルダウンから選択する値を設定します。変数参照可能です。

1-2.値の識別方法

・表示値

Webサイト上に表示されている値から選択します。

・コード値

Webサイトがコードとしてもっている値から選択します。


2.高度な設定

rangename、xpath、Attribute、Value、テキストパターンの設定をすることで、ロボットが操作する要素を指定します。要素にフォーカスボタンで設定した内容で操作したい要素をロボットが見つけられるか確認することができます。

2-1.rangename

指定した要素を探す対象範囲を設定します。要素のループの中で行う場合に設定します
要素のループ内でアクションを実行させたいのにrangenameがanywhereになっていると、意図した箇所で動いてくれません。

2-2.xpath

要素の指定を行います。変数参照可能です。

2-3. Attribute

要素の指定を行います。バージョン0.10.2から標準で自動設定されないようになりました。必要に応じてプルダウンで選択することができます。

2-4.Value

要素の指定を行います。バージョン0.10.2から標準で自動設定されないようになりました。Attributeで選択した設定に応じて内容が変わります。
バージョン0.10.7から変数参照が可能になりました。

2-5.要素のインデックス

ここまで設定した内容で1つの要素に絞り込めない場合、何番目の要素を操作するか指定します。1番目の場合、0を設定します。

2-6.要素に対してフォーカスを移動する

本アクションが実行されるときに、指定した要素にフォーカスを当てる場合、チェックを入れます。

2-7.アラートが出ていればエラーとする

本アクションを実行するときにブラウザからアラートメッセージが表示されていた場合にエラーとするときは、チェックを入れます。

2-8.要素が見つかるまでのタイムアウト(秒)

設定した秒数までロボットが要素を探します。

2-9.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

<要素が無い場合>
設定した要素がなくエラーとなった時の対処を行います。

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

<選択値が無い場合>
選択値へ設定した値がWEBサイトのプルダウンになくてエラーとなった時の対処を行います。

3-4. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-5.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-6. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください