アプリ操作でうまくいかないときは(要素マッチング)

アプリ操作の設定で要素マッチングにしたときに、操作したい要素をうまく設定するコツを説明します。要素マッチングで操作したい個所をうまく指定できない、または作成したアクションを実行したけどうまくいかない場合に本ページを参照してください。

以下の画面から契約番号を取得します。

apl_kotu1

マッチング方式は要素にします。apl_kotu2

名前は処理の都度変わることが多いです。そのため、使用しない、にしましょう。
また使用しない、にしてうまくいかないときは、名前を正規表現を使って設定してください。

apl_kotu3

設定を変更したときに、全部で何件みつかりました、と表示されていることを確認しましょう。(見つからない場合は、該当する要素が見つかりません、と表示されます)

apl_kotu4

見つかった場合は、操作対象にフォーカスをクリックして、操作したい個所にフォーカスが当たることを確認しましょう。

apl_kotu5

以下のように複数件見つかった場合は、要素インデックスの値を変更します。1件しか見つからなかった場合は、要素インデックスは「0」になっています。

apl_kotu6

それでもうまくいかないときは、キャッシュクリアにチェックを入れたり、要素をアクティブにするにチェックを入れてアクションを実行してみましょう

apl_kotu7

またアクションは作成されるが、処理が空振りしたような状態(たとえば値が入力されない)の場合、作成したアクションをステップ実行してみてください。作成時は空振りしたアクションが正常に実行されることがあります。

それでもうまくいかないときは、マッチング方式を画像にしてアクションを作成していただくか、もしくはサポートまでご相談ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください