変数の値を評価(繰り返し処理をやめる)

★アクションの説明、概要

変数の値に対し判定処理を行います。判定処理の結果、繰り返し処理を中断するように設定する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1ー1.条件の設定

判定を行う条件を設定します。7つまで条件を設定できます。

・左辺

条件を設定します。変数参照可能です。

・条件式

左辺と右辺をどのように評価するのか条件式を設定します。

左辺と右辺が等しいという設定です。

<>

左辺と右辺が等しくないという設定です。

左辺が右辺より小さいという設定です。

<=

左辺が右辺以下という設定です。

>=

左辺が右辺以上という設定です。

左辺が右辺より大きいという設定です。

contain

左辺が右辺を含むという設定です。

not contain

左辺が右辺を含まないという設定です。

start with

左辺が右辺ではじまるという設定です。

end with

左辺が右辺でおわるという設定です。

・右辺

条件を設定します。変数参照可能です。


1-2.対処を行う条件

設定したすべての条件を満たす場合か、いずれかの条件を満たす場合かを選択します。

・すべての条件を満たす場合を選択
#すべての条件を満たす場合

設定したすべての条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


・いずれかの条件を満たす場合を選択
#いずれかの条件を満たす場合

設定したいずれかの条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


1-3.ハンドリング処理

ロボットが行うハンドリング処理を設定します。

・対処

ハンドリング処理を設定します。詳細はこちらをご確認ください。

・基点となる条件分岐

対処で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。移動先の条件分岐を選択します。

・ログ出力

ログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。ログ出力しない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。

変数の値を評価(次の繰り返し処理に移動する)

★アクションの説明、概要

変数の値に対し判定処理を行います。判定処理の結果、繰り返し処理の中で次の処理対象にすすめる方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1ー1.条件の設定

判定を行う条件を設定します。7つまで条件を設定できます。

・左辺

条件を設定します。変数参照可能です。

・条件式

左辺と右辺をどのように評価するのか条件式を設定します。

左辺と右辺が等しいという設定です。

<>

左辺と右辺が等しくないという設定です。

左辺が右辺より小さいという設定です。

<=

左辺が右辺以下という設定です。

>=

左辺が右辺以上という設定です。

左辺が右辺より大きいという設定です。

contain

左辺が右辺を含むという設定です。

not contain

左辺が右辺を含まないという設定です。

start with

左辺が右辺ではじまるという設定です。

end with

左辺が右辺でおわるという設定です。

・右辺

条件を設定します。変数参照可能です。


1-2.対処を行う条件

設定したすべての条件を満たす場合か、いずれかの条件を満たす場合かを選択します。

・すべての条件を満たす場合を選択
#すべての条件を満たす場合

設定したすべての条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


・いずれかの条件を満たす場合を選択
#いずれかの条件を満たす場合

設定したいずれかの条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


1-3.ハンドリング処理

ロボットが行うハンドリング処理を設定します。

・対処

ハンドリング処理を設定します。詳細はこちらをご確認ください。

・基点となる条件分岐

対処で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。移動先の条件分岐を選択します。

・ログ出力

ログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。ログ出力しない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。

変数の値を評価(条件分岐の次のフローに移動)

★アクションの説明、概要

変数の値に対し判定処理を行います。判定処理の結果、条件分岐から分かれている別のフローへ移動するように設定する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1ー1.条件の設定

判定を行う条件を設定します。7つまで条件を設定できます。

・左辺

条件を設定します。変数参照可能です。

・条件式

左辺と右辺をどのように評価するのか条件式を設定します。

左辺と右辺が等しいという設定です。

<>

左辺と右辺が等しくないという設定です。

左辺が右辺より小さいという設定です。

<=

左辺が右辺以下という設定です。

>=

左辺が右辺以上という設定です。

左辺が右辺より大きいという設定です。

contain

左辺が右辺を含むという設定です。

not contain

左辺が右辺を含まないという設定です。

start with

左辺が右辺ではじまるという設定です。

end with

左辺が右辺でおわるという設定です。

・右辺

条件を設定します。変数参照可能です。


1-2.対処を行う条件

設定したすべての条件を満たす場合か、いずれかの条件を満たす場合かを選択します。

・すべての条件を満たす場合を選択
#すべての条件を満たす場合

設定したすべての条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


・いずれかの条件を満たす場合を選択
#いずれかの条件を満たす場合

設定したいずれかの条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


1-3.ハンドリング処理

ロボットが行うハンドリング処理を設定します。

・対処

ハンドリング処理を設定します。詳細はこちらをご確認ください。

・基点となる条件分岐

対処で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。移動先の条件分岐を選択します。

・ログ出力

ログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。ログ出力しない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。

条件分岐追加

条件分岐を追加する方法について説明しています。

条件分岐はブランチと異なり、条件分岐から分かれている別のフロー上に作成したアクションは、かならず実行されません。判定処理の結果など、条件分岐から分かれているフローに処理が移ってきたときだけ実行されます。

条件分岐の名前を変更することができます。0.10.4から各アクションのエラー発生時の対応の設定タブで基点となる条件分岐に変更前の名前が設定されていても、変更後の名前に自動的に切り替わるようになりました。

値の判定(次のブランチへ移動)

変数の値に対し判定処理を行い、判定処理の結果、次のブランチへ移動する方法について説明しています。

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・条件
判定するための条件を設定します(左辺の左側にチェックを入れます)。条件は7つまで設定することができます。

>左辺
条件値を設定します。変数参照可能です

>条件式
プルダウンで選択します

>右辺
条件値を設定します。変数参照可能です

・ハンドリング処理を行う条件
ハンドリングタブの設定内容を行うための条件を設定します

>すべての条件を満たす場合
設定したすべての条件を満たす場合にこちらを選択します。
条件A、条件Bと設定した場合、すべての条件が成立したとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>いずれかの条件を満たす場合
設定したいずれかの条件を満たす場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、どちらかの条件が成立したとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>すべての条件を満たさない場合
設定したすべての条件を満たさない場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、すべての条件が成立しなかったとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>いずれかの条件を満たさない場合
設定したいずれかの条件を満たさない場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、どちらかの条件が成立しなかったとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

[Advancedタブ]

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[ハンドリングタブ]

・ハンドリング処理
ハンドリングの設定を行います

・ログ出力
ログに出力するか設定します

変数の値を評価(後続処理をしない)

★アクションの説明、概要

変数の値に対し判定処理を行います。判定処理の結果、後続処理を行わないという設定をする方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1ー1.条件の設定

判定を行う条件を設定します。7つまで条件を設定できます。

・左辺

条件を設定します。変数参照可能です。

・条件式

左辺と右辺をどのように評価するのか条件式を設定します。

左辺と右辺が等しいという設定です。

<>

左辺と右辺が等しくないという設定です。

左辺が右辺より小さいという設定です。

<=

左辺が右辺以下という設定です。

>=

左辺が右辺以上という設定です。

左辺が右辺より大きいという設定です。

contain

左辺が右辺を含むという設定です。

not contain

左辺が右辺を含まないという設定です。

start with

左辺が右辺ではじまるという設定です。

end with

左辺が右辺でおわるという設定です。

・右辺

条件を設定します。変数参照可能です。


1-2.対処を行う条件

設定したすべての条件を満たす場合か、いずれかの条件を満たす場合かを選択します。

・すべての条件を満たす場合を選択
#すべての条件を満たす場合

設定したすべての条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


・いずれかの条件を満たす場合を選択
#いずれかの条件を満たす場合

設定したいずれかの条件を満たす場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。

#それ以外

設定したすべての条件を満たさない場合に、ハンドリング処理か継続処理を行います。

>ハンドリング処理

後述のハンドリング処理の内容が行われます。

>継続処理

このアクションの後続のアクションが実行されます。


1-3.ハンドリング処理

ロボットが行うハンドリング処理を設定します。

・対処

ハンドリング処理を設定します。詳細はこちらをご確認ください。

・基点となる条件分岐

対処で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。移動先の条件分岐を選択します。

・ログ出力

ログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。ログ出力しない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。

値の判定(次の繰り返し処理を実行)

変数の値に対し判定処理を行い、判定処理の結果、繰り返し処理内の次の行を実行する方法について説明しています。

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・条件
判定するための条件を設定します(左辺の左側にチェックを入れます)。条件は7つまで設定することができます。

>左辺
条件値を設定します。変数参照可能です

>条件式
プルダウンで選択します

>右辺
条件値を設定します。変数参照可能です

・ハンドリング処理を行う条件
ハンドリングタブの設定内容を行うための条件を設定します

>すべての条件を満たす場合
設定したすべての条件を満たす場合にこちらを選択します。
条件A、条件Bと設定した場合、すべての条件が成立したとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>いずれかの条件を満たす場合
設定したいずれかの条件を満たす場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、どちらかの条件が成立したとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>すべての条件を満たさない場合
設定したすべての条件を満たさない場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、すべての条件が成立しなかったとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>いずれかの条件を満たさない場合
設定したいずれかの条件を満たさない場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、どちらかの条件が成立しなかったとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

[Advancedタブ]

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[ハンドリングタブ]

・ハンドリング処理
ハンドリングの設定を行います

・ログ出力
ログに出力するか設定します