RoboWebへのログイン

RoboWebへのログイン方法について説明しています。

 

設定項目についての説明は以下の通りです

・UserName
ログインユーザーを入力します

・Password
パスワードを入力します

・Login
ログインが実行されます

はじめてログインする方は、サポートまでご連絡ください。あらかじめ設定されているユーザーとパスワードをご連絡いたします

RoboWebの実行端末登録

ロボットをスケジュール実行するには、ロボットを実行する端末をあらかじめ登録しておく必要があります。

実行端末の登録方法について説明しています。

リモートユーザーとパスワードを設定した場合、スケジュール実行時に自動的に実行端末がロック状態になります。自動的にロック状態にしたくない場合は、リモートユーザーとパスワードを空白の状態で登録をお願いします。

ロボサーバ(RS)からPCへの通信が切れた場合、設定した時刻になってもロボットの実行に失敗してしまいます。メールアドレスを設定すれば、PCへの通信が切れた場合にメールで通知することができます。

[PC一覧]

各項目の説明は以下の通りです

・ホスト名
ロボットを実行するPC名

・ポート番号(バージョン0.10.3から表示されなくなっています)
リモートデスクトップ接続(RDP)ポート番号

・リモートユーザー(バージョン0.10.3から表示されなくなっています)
リモートデスクトップ接続で使用するユーザー名

・ステータス
PCのステータスです。

>通信可能
RCが起動している状態です

>通信不可
RCが起動していない状態です。RSからRCに対し、3回疎通を確認してもNGだった場合に通信不可となります

・有効/無効
ロボットを実行するPCとして有効か、無効かを表しています

・バージョン
PCで起動しているRCのバージョンです

・更新日時
PCの登録内容を変更した日時です

・Action

>編集
PCの登録内容を変更します

>Monitor
PCのモニタ機能の設定を行います

[PC新規追加]

登録できるPCの台数をこえて登録することはできません。有効なPCのいずれかを無効にしていただいたうえで、新しいPCの登録をお願いします

設定項目についての説明は以下の通りです

・ホスト名
ロボットを実行するPCのIPアドレスか、コンピューター名(ホスト名)を設定します

・リモートデスクトップ接続(RDP)ポート番号(バージョン0.10.2から設定できなくなっています)
リモートデスクトップ接続で使用するポート番号を設定します

・リモートユーザー(バージョン0.10.2から設定できなくなっています)
リモートデスクトップ接続で使用するユーザー名を設定します

・リモートパスワード(バージョン0.10.2から設定できなくなっています)
リモートデスクトップ接続で使用するパスワードを設定します

・CPU、メモリの使用状況
モニターするか、しないかを設定します

・デスクトップイメージの使用状況
モニターするか、しないかを設定します

・RSからの通信が接続/切断時に通知するメールアドレス
通知先のメールアドレスを設定します

RoboWebのプロジェクト作成

プロジェクトの作成方法について説明しています。

 

 

設定項目についての説明は以下の通りです

・プロジェクト名
プロジェクトの名前を設定します
※バージョン「0.10.3」から同じ名前のプロジェクト名を設定できなくなりました

・プロジェクトの概要
プロジェクトの内容がわかるように概要を設定します

以下の項目は記載例です
>プロジェクトの概要
>プロジェクトの目的
>処理内容

RoboWebのスケジュール作成

ロボットを実行するスケジュールの作成方法について説明しています。

スケジュールを作成する前に、スケジュール実行するロボットがロボサーバにアップロードされていること、またロボットを実行する端末が登録されていることを確認しておきましょう。

スケジュール実行するロボットから起動したアプリケーションは、スケジュール実行が終わると自動的に閉じられます。

[スケジュール一覧]

スケジュールの一覧です

画面の項目についての説明は以下の通りです

・プロジェクト
スケジュールが所属するプロジェクト名です

・スケジュール
スケジュール名です。同じプロジェクト内では同じスケジュール名の登録をすることができません。

・ステータス
スケジュールのステータスです。

>実行準備中
スケジュールへ登録したロボットの実行を準備してます。

>実行中
スケジュールへ登録したロボットが処理中です。

>正常終了
スケジュールへ登録したロボットの処理が正常に完了しました。

>エラーあり
スケジュールへ登録したロボットの処理は完了していますが、エラーが発生したアクションがありました。

>異常終了
スケジュールへ登録したロボットの処理の途中で異常が発生し、ロボットの処理を中断し終了しています。

>緊急停止中
スケジュールへ登録したロボットの処理を緊急停止しています。

>緊急停止
スケジュールへ登録したロボットの処理を緊急停止が完了しました。

・次回実施
スケジュールが次回実施される日時です

・実行端末
スケジュールが実行される端末です

・ロボット
スケジュール実行するロボットです

・有効/無効
スケジュールの有効、無効を表します

>有効
スケジュールは実行されます

>無効
スケジュールは実行されません。即時実行も実行されません

・Action

>編集
スケジュールの編集画面を表示します

>即時実行
スケジュールがすぐに実行されます

>即時停止
実行中のスケジュールを停止します

[スケジュール新規追加]

設定項目についての説明は以下の通りです

・スケジュール名称
スケジュール名を設定します

・スケジュール概要
スケジュールの内容がわかるように概要を設定します

以下の項目は記載例です
>スケジュールの概要
>スケジュールの目的
>処理内容

・開始日時
スケジュールの初回実施日時を設定します

・実行パターン
実行間隔の単位を設定します。設定できる実行パターンは以下の通りです。

>月単位
月ごとに実行します

>週単位
週ごとに実行します

>日単位
日ごとに実行します

>時間単位
時間ごとに実行します

>分単位
分ごとに実行します

>CRON形式
CRONという書き方で設定することができます。設定方法はこちらです

>月末単位
月末日に実行します

>1回のみ実行
開始日時に設定した日時だけ実行します。定期的な実行は行いません

>スケジュール実行はしない
即時実行のみを行う場合に設定します。このとき開始日時へ設定は行いません

・実行間隔
スケジュールを実行する間隔を設定します。

たとえば毎月1回実行するスケジュールを設定するときは、
実行パターンを「月単位」、実行間隔を「1」とします

・休日設定の適用
※バージョン「0.10.3」から追加されました
スケジュールに休日を適用したい場合に、システム管理者>休日設定で行った休日設定を設定します。

・エラー発生時の通知先アドレス
スケジュール実行時にエラーが発生した場合にメールで通知します。メール通知先のメールアドレスを設定します

・同一PCで他のロボットが実行中の場合
ロボットを実行するPCでロボットが動いていた場合に、スケジュール実行を割り込んで開始するか、終了まで待ってからスケジュール実行を開始するかを選択します。

>待たずに実行する
動いているロボットがあっても、割り込んで実行します

>終了まで待つ
動いているロボットがあったら、スケジュール実行の開始を待機させます。
動いているロボットの処理に影響を与えたくない、または開始しようとしているロボットの処理に影響を与えたくない場合にこちらを選択します

・スケジュール実行打ち切り時間
ロボットが処理する時間に制限を設定します。2時間で処理を強制的に終わらす場合は、「2」を設定します。

・ロボット追加
スケジュールで実行するロボットを追加します。

>ロボット選択
実行するロボットをプルダウンで選択します

>PC選択
ロボットを実行するPCを選択します

>パラメータ
ロボットに引数を渡して実行する場合に設定します

・実行順
複数のロボットを実行することができます。ロボットの実行順序を設定します

・削除
追加したロボットを削除します

ロボサーバの起動

ロボサーバの起動方法について説明しています。

 

バージョン0.10.0からrobo_server.exeやrobo_client.exeを起動したときの画面表示が変更されました。

[変更前]
コマンドプロンプトを表示。
コマンドプロンプトを閉じることで停止する。

[変更後]
画面右下のタスクトレイへ常駐形式になっています。
タスクトレイを開き、ロボットのアイコンを右クリックして
終了しますをクリックすることで停止することができます。

tasktray

ロボットのダウンロード、アップロード

ロボデザインで作成したロボットは、ロボサーバで管理やスケジュール実行を行います。

そのため、ロボサーバへロボットのアップロードを行います。またロボサーバで管理されているロボットをダウンロードすることもできます。

なお、ロボサーバへアップロードできるロボットのファイルサイズは10メガバイトが上限となっています(ロボットのファイルサイズは、ロボットをエクスポートすると確認できます)。
ファイルサイズが上限を超える場合は、ロボットをいくつかのロボットに分けていただくようお願いします

アップロード先のプロジェクトを選択することができますが、RoboWebに登録されているプロジェクトが表示されます。しかし登録はされていても無効になっているプロジェクトは表示されません