フィルター

エクセル内のデータにフィルターを設定する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・シート名
名前、インデックス、変数参照から選択して設定を行います。

>名前
操作対象のシートをプルダウンで選択します

>インデックス
操作対象のシートは作成された順番にインデックスが定義されています。プルダウンで選択します。

>変数参照
操作対象のシート名が格納されている変数を設定します

・範囲
並び替える範囲を設定します。変数参照可能です。

並び替えを行う範囲を固定する場合は、現在の範囲で並び替えるを選択します。
並び替えの範囲が処理の都度変わる可能性がある場合は、範囲を拡張して並び替えるを選択します。

範囲を拡張して並び替えるを選択した場合、以下にチェックを入れてください。行列、両方ともに拡張する場合は、両方にチェックを入れます

>行方向へ拡張する
行方向へ範囲を拡張する場合、チェックを入れてください

>列方向へ拡張する
列方向へ範囲を拡張する場合、チェックを入れてください

・フィルター列番号
範囲内の左から何列目に対してフィルターをかけるのか設定します

・以下のテキストを含むレコードを表示
値へ設定したレコードを表示する場合は、こちらにチェックを入れます。

>値
表示したいレコードを設定します

・その他の条件で表示
その他の条件でフィルタを行う場合は、こちらにチェックを入れます

>値
フィルタの条件を設定します。また表示する条件をプルダウンで選択します

>AND、OR
フィルタの条件が2つある場合は、条件を両方満たすANDか、条件のどちらかを満たすORを設定します

[Advancedタブ]

・ブックインデックス
開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。エクセルが開かれた順番にインデックスが定義されます

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください