要素のループの便利な使い方

要素のループは設定の仕方によっては、より便利に使うことができます。

以下のような各都道府県ごとに分かれている店舗リストがあります。この店舗名をすべて要素のループアクションを使って取得します

loop1

要素のループアクションを作成しました。

loop2

以下の赤で囲った東京の部分しか、ループの対象になりません。大阪や愛知をループの対象に入れるにはどうしたらいいのでしょうか。

loop3

取得範囲の設定を拡張した範囲の要素にすることで、大阪や愛知もループの対象にすることができます。

loop4

またxpathの除外を使えば、ループの対象から外すこともできます。

loop5

xpathを使えば、ループの対象にしたいものだけをピックアップすることもできます。

loop6.png

表示値のフィルターを使っても、ループの対象にしたいものだけをピックアップすることができます。

loop8

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください