リリースノート – 0.10.8 (2022-11-14)

動作環境追加

Windows11に対応しました。

機能追加

ロボデザイン

・メールアクションを実行しないオプションを追加
こちらをご覧ください

・フロー上で要素の繰り返しアクションにおいて、繰り返しの対象範囲を視覚的に判断できるように機能追加
こちらをご覧ください

・起動時にナビゲーション機能を追加
こちらをご覧ください

・コントロールパネルに、現在アクティブなアクションに移動ボタンを追加
こちらをご覧ください

・コントロールパネルのアプリボタンに、アプリデザインを開くメニューを追加
こちらをご覧ください

アプリ操作

・クリックアクションでのクリック位置指定に変数設定を追加。要素、画像、文字、表形式、すべてのマウス操作アクションで使用できます。
こちらをご覧ください

・アプリ操作の文字マッチングにおいて、文字を探す範囲を指定できるよう機能追加
こちらをご覧ください

ブラウザ操作

・ブラウザ起動アクションにおいて、起動中のChromeに接続というオプションを追加
こちらをご覧ください

エクセル操作

・ 特に無し

ファイル操作・フォルダ操作

・ファイル読み込みアクションにおいて、BOMを削除するため、文字コードにutf-8-sigを追加
こちらをご覧ください

ROBOWEB

・ロボサーバーの死活監視機能の追加
監視用に用意したRSから運用中のRSを監視する機能です。
こちらをご覧ください

・スケジュール一覧において、スケジュール名の部分一致で検索できる機能を追加
こちらをご覧ください

・ログ一覧に期間での絞り込み機能を追加
こちらをご覧ください

・ユーザー一覧に、有効無効で検索できる機能を追加
こちらをご覧ください

・デイリーバックアップ機能を追加
こちらをご覧ください

・スケジュール詳細に担当者の入力欄を追加、ログ一覧に担当者を出すよう修正
スケジュールについてはこちらをご覧ください
ログについてはこちらをご覧ください

・RSからRCへのロボットの実行指示が同時に複数回出てしまう問題を解決するための機能「クライアントへ実行依頼時のタイムアウト時間の設定」を追加
こちらをご覧ください

機能修正

ロボデザイン

・条件分岐名が同じ名前では保存できないよう修正

・グループ化したときに選択していたアクションの名前をグループ名とするよう修正

・エラーが発生したときに、ロボットのアクションの位置だけでなく、アクションのタイトルも表示するよう修正

・アクションに不備がある場合タイトルが赤字になるが、グループ化したアイコンも同様に赤字になるよう修正

・実行版でも共通部品を値渡しで開くことができるよう修正

・ロボットをアップロードする画面において、最後にアップロードした時間が表示されるよう修正

アプリ操作

・OCR処理において、Googleから応答がない、もしくは接続失敗時のエラー文言を修正

・ロボデザインで要素マッチング、画像マッチング、両方のアクションを実行するときにコントロールパネルを非表示にするよう修正

ブラウザ操作

・値選択でのエラーにおいて、選択した値がなかった場合と、要素がなかった場合とでエラーが発生したときの動きを設定できるよう修正

・ブラウザ起動アクションにおいて、オプションに最小化を追加

・イメージ保存アクションにおいて、拡張子jpeg、jpgも保存できるよう修正

エクセル操作

・ 値の取得アクションにおいて、詳細画面に取得値を追加

・ クリアアクションにおいて、値のみのクリアオプションの追加

ファイル操作・フォルダ操作

・コピーアクションに、コピー前の更新日時や作成日時を引き継ぐというオプションを追加

・ファイルチェックアクションにおいて、フォルダ自体が存在しない場合はその旨をエラーとして出力するよう修正

ROBOWEB

・共通部品が無いプロジェクトにロボットをアップロードしただけではスケジュール一覧に警告が出ない不具合の修正

・共通部品しかないプロジェクトから共通部品をダウンロードしようとしても一覧にプロジェクトが出てこない不具合の修正

・ロボクライアントへ実行リクエストを投げる際のタイムアウト時間をシステム管理画面で調整できるよう修正

・ロボサーバー起動完了時の文言を修正

・スケジュールで使用されているPCは無効、削除ができないように修正

その他

・GoogleOCR使用時、Googleへ接続できずに値取得できなかった場合に「Googleへの接続に失敗しました」というエラーメッセージを出すように修正

・メール送信アクションにおいて、送信サーバーを変数参照可能に修正

・コマンドライン実行において、エラー発生時に実行したコマンドをロボデザインのログに出すよう修正

バグフィックス

ブラウザ操作

・chromedriverのバージョンが100を超えた際、起動に長時間を要するケースがある不具合を修正

・値選択アクションにおいて、選択値に.*を採用した際、空白値が選択される不具合の修正

・Javascriptの実行アクションにおいて、変数をシングルコーテーションで囲むをチェックしているが囲まれない不具合を修正

アプリ操作

・特に無し

エクセル操作

・エクセルからコピーしてクリップボード値を取得する際、末尾に認識できない文字がついてくる不具合を修正

・並べ替えアクションで範囲の設定において、範囲を拡張して並び替えるを選択、行方向へ拡張するのチェックを外した状態でも行方向へ拡張する不具合の修正

変数操作

・特に無し

ROBOWEB

・共通部品でエラーが起きたときのROBOWEBのログの表記をロボットパス+共通部品パスに修正

ロボデザイン

・ロボサーバへロボットをアップロードを行う際、応答なしになる不具合の修正

・メニューから変数を選択してもテキストに差し込む操作において、変数が差し込まれない不具合を修正

ロボットをスケジュール実行する前提条件

1.ロボサーバが起動している

ロボサーバを起動した後に以下のことが発生するとロボサーバは停止します。停止すると設定したスケジュール実行は動きません。

  • ロボサーバを起動したPCからログオフ
  • ロボサーバを起動したPCがスリープ
  • ロボサーバを起動したPCがシャットダウンまたは再起動

2.ロボクライアントが起動している

ロボクライアントを起動した後に以下のことが発生するとロボクライアントは停止します。スケジュール実行の命令をロボサーバから受け取ることができません。その結果、ロボットは動きません

  • ロボクライアントを起動したPCからログオフ
  • ロボクライアントを起動したPCがスリープ
  • ロボクライアントを起動したPCがシャットダウンまたは再起動

3.ロボサーバとロボクライアントが通信できていること

スケジュールに設定した日時になると、ロボサーバからロボクライアントへこのロボットを実行しなさい、という命令が出されます。
ロボサーバとロボクライアントが通信できていない場合、そのロボサーバからロボクライアントへ命令が伝わらないため、ロボットは動きません

Chromeでアクセスできなかった時は

ブラウザ起動アクションで起動したChormeで、ページを開くアクションを使い、WEBサイトを開きます。このときに、WEBサイトが開かなかった場合の手順について説明します。

1.アプリを開くアクションを使ってChromeを起動

アプリを開くアクションで項目名「プログラム」の下の▼をクリックすると表示されるメニュー内のChromeを起動するをクリックします。

クリックすると以下のように設定されるので、実行をクリックします。Chromeのインストール場所が違う場合はプログラムに表示されているChromeの場所を変更してください

2.ブラウザ起動アクションを実行

ブラウザ起動アクションが自動的に表示されます。実行するをクリックします

Chrome(アプリケーション)が選択されています。またChrome(アプリケーション)のポート番号が設定されています


3.ページを開くアクションを実行

ここまで来たら通常のブラウザアクションと手順は同じです。自動的に開いたページを開くアクションへURLを設定して実行します

バックアップデータのリストア

デイリーバックアップで保存したバックアップデータをロボサーバへ取り込む方法について説明しています。ロボサーバのデータが飛んでしまい、元通りに復旧しないといけないときに使います。

監視用のRSのPCへリストアする場合

1.監視用のRSのPCで動いているRSを停止します。
2.JobAutoをフォルダごと削除します。
3.JobAutoをセットアップします。
4.RDを起動しRIDを取得して、サポートまで送ります。
5.サポートから送られてきたライセンスを適用します。
6.リストアします。

この範囲内の指定の文字に対してマウス操作

★アクションの説明、概要(0.10.8から)

文字を探す範囲をして、そして操作したい個所に表示されている文字による指定を行います。そして指定した箇所をマウスで操作する方法について説明しています。

GoogleのAPIを使って変換をしています。OCR変換する文字はJobAutoからGoogleへ送信されます。ご承知おきください。Googleへインターネット経由で通信を行います。インターネットへの接続をプロキシサーバを介して行っている環境の場合は、プロキシの設定を行ってください。

またインターネットでアクセス先のドメインに制限がかかっている場合はvision.googleapis.comの制限を解除してください。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。画面を読み込みと操作対象にフォーカス、背景色についてはこちらをご覧ください。

1.基本設定

1-1.文字が見つかるまでのタイムアウト(秒)

設定した時間まで、指定した文字をロボットが探し続けます。

1-2.クリックパターン

クリックの種類を選択します。

・クリック

マウスのクリックを行います。

・ダブルクリック

マウスのダブルクリックを行います。

・右クリック

マウスの右クリックを行います。

・マウス移動

マウスのカーソルを移動します。

・マウスダウン

マウスの左クリックを押しっぱなしにします。

・マウスアップ

マウスの左クリックを押しっぱなしをやめます。

・上スクロール

マウスを使って上にスクロールします。

・下スクロール

マウスを使って下にスクロールします。

1-3.対象となる値

画面内から探す文字を入力します。変数参照可能です。

・検索ボタン

対象となる値に設定された文字を画面内から探します。

1-4.インデックス

設定した値で1つの文字に絞り込めない場合、何番目の文字を操作するか指定します。1番目の場合、0を設定します。

1-5.この範囲で探す(範囲設定方法)

指定した文字を探す範囲を設定します。

・座標

画面内の座標で範囲を指定します。

・比率

画面全体に対しての比率で範囲を指定します。

・全体

範囲を画面全体にします。

・左上

画面左上からの場所を示す数値です。範囲指定方法によって、数値が異なります。変更可能です

・右上

画面右上からの場所を示す数値です。範囲指定方法によって、数値が異なります。変更不可能です

・左下

画面左下からの場所を示す数値です。範囲指定方法によって、数値が異なります。変更不可能です

・右下

画面右下からの場所を示す数値です。範囲指定方法によって、数値が異なります。変更可能です

1-6.見つかった文字一覧

対象となる値へ設定した文字が画面内にあるか、検索ボタンで探すことができます。このときにOCRで解析した結果が表示されます。設定した文字が探せない場合に、文字を変更するときの参考にしてください。


2.高度な設定

2-1.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。