セルの値取得

★アクションの説明、概要

Excel内の値の取得を取得する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.基本設定

1-1.ブック

ロボットが開いているエクセルのうち、どのエクセルを操作対象にするか選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

エクセル名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。ロボットがエクセルを開いた順番でインデックスが定義されます。

1-2.シート名

ロボットが操作するシートを選択します。名前とインデックスから選択します。

・名前

シート名で指定します。変数参照可能です。

・インデックス

インデックスで指定します。シートが作成された順番でインデックスが定義されています。

1-3.行番号

操作対象のセルが何行目にあるかを設定します。変数参照可能です。

1-4.列番号

操作対象のセルが何列目にあるかを設定します。アルファベットでも数字でも設定できます。変数参照可能です。

1-5.格納先

取得した値を格納する変数を設定します。

1-6.取得する値

セルに入っている値を取得するか、セルに表示されている値を取得するかを設定します。たとえば、セルの保持している値は2019/8/29だが、表示されている値は2019年8月の場合、以下のようになります。

#N/Aなどのエラーとなっている場合は、空が取得されます。(変数に何も格納されていない状態になります)

・セルが保持している値

セルに入っている値を取得します。 2019/8/29が取得されます。

・セルが表示している値

セルが表示している値を取得します。2019年8月が取得されます。

1-7.取得値

取得して変数に格納される値が表示されます。


2.高度な設定

2-1.実行時にシートを切り替える

アクションを実行したときにシートを表示する場合にチェックを入れます。

2-2.アクション有効

このアクションを無効にする場合は、チェックを外します。


3.エラー発生時の対応

3-1. エラー時の処理

エラーが発生したときの設定を行います。詳細はこちらをご確認ください。

3-2.基点となる条件分岐

エラー時の処理で条件分岐の次のフローに移動を選択したときに、設定することができます。アクションでエラーが発生した場合、移動先の条件分岐を選択します。

3-3. エラー時にログ出力

エラーが発生したときにログに出力するか設定します。スケジュール実行したときのログへ出力されます。エラーとして扱わない場合は、チェックを外します。詳細はこちらをご確認ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください