ロボロックの使い方

robo_lockを使うことで、ロボットが実行する端末でスクリーンセイバーやロック状態になってもロボットを実行することができます。

★ロボロックを使う目的

アプリ操作では、ロボットがキーボードやマウスの操作を行います。その場合、スクリーンセイバーやロック状態になるとロボットがキーボードやマウスの操作を行えなくなり、処理が失敗します。

これを防ぐために、robo_lockを使ってロボットが実行する端末をロック状態にします。
robo_lockによるロック状態だと、ロボットはキーボードやマウスの操作を行うことが可能です。

★ロボロックの使い方1

robo_designと同じようにrobo_lockをダブルクリックで起動します。

コンソールが起動しユーザー認証を行います。認証が成功すれば、Windowsのロック画面に切り替わります。
※ユーザー認証はMicrosoftアカウントによる認証を行うことはできません。Windowsのローカルのユーザーで行ってください。

ユーザー名はロボットを実行するユーザー名を入力してください。またロボットを実行するユーザーがドメインを使っているユーザーの場合は、ドメイン名\ユーザー名を入力してください

★ロボロックの使い方2

コマンドによる実行をすることもできます。バージョン0.9.20からは以下の方法です。
robo_lock.exeが格納されているフォルダまでのパス+robo_lock.exeを設定します。
本製品のフォルダ\robo_lock.exe -u=ユーザー名 -p=パスワード -h=端末名

★ロボロックの動作環境1

ロボロックはWindows10 ProfessionalかEnterprize、またWindowsServer2016や2012で、ご利用いただけます。

★ロボロックを使うときの注意点

ロボロックを使うPCのスクリーンセイバーの設定で、再開時にログオン画面に戻るにチェックが入っているときに以下のエラーが発生します

1.スクリーンセイバーがかかり、ロボットのアプリ操作がエラーとなる

ーー発生したこと

ロボロック中のPCでロボットが実行中、ロボットが待つアクションを実行。待つ時間がスクリーンセイバーがかかる時間を経過したため、スクリーンセイバーが実行されPCが画面ロック状態になる。この場合、ロボットがアプリ操作を行おうとしても画面がないためエラーとなります。

ーー対処方法1

スクリーンセイバーの設定、再開時にログオン画面に戻るのチェックを外します

ーー対処方法2

ロボットの待つ時間をスクリーンセイバーがかかる時間以下にします。待つアクションが終わったら、マウス操作アクションで画面内の適当な個所へマウスを移動させます。そしてロボットの待つアクションを実行します。

例)

<対処前>

待つアクション(10分待つ設定)

<対処後>

待つアクション(5分待つ設定)~マウス操作アクション(マウス移動)~待つアクション(5分待つ設定)

 

 

 

 

1件のコメント

  1. […] セキュリティ ロボットの実行する端末でrobo_lock.exeをかけておけば、ロボットが実行中でもWindowsのスクリーンセイバーや、画面ロックをかけることが可能です。 画面がむき出しの状態でロボットがアプリケーションを操作することが無くなります。 robo_lock.exeの使用手順は、こちらです。 […]

    返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください