値の判定(後続処理をしない)

変数の値に対し判定処理を行い、判定処理の結果、後続処理を行わない場合の方法について説明しています。

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]

・条件
判定するための条件を設定します(左辺の左側にチェックを入れます)。条件は7つまで設定することができます。

>左辺
条件値を設定します。変数参照可能です

>条件式
プルダウンで選択します

>右辺
条件値を設定します。変数参照可能です

・ハンドリング処理を行う条件
ハンドリングタブの設定内容を行うための条件を設定します

>すべての条件を満たす場合
設定したすべての条件を満たす場合にこちらを選択します。
条件A、条件Bと設定した場合、すべての条件が成立したとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>いずれかの条件を満たす場合
設定したいずれかの条件を満たす場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、どちらかの条件が成立したとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>すべての条件を満たさない場合
設定したすべての条件を満たさない場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、すべての条件が成立しなかったとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

>いずれかの条件を満たさない場合
設定したいずれかの条件を満たさない場合にこちらを選択します
条件A、条件Bと設定した場合、どちらかの条件が成立しなかったとき、ハンドリグタブの設定内容が実行されます

[Advancedタブ]

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[ハンドリングタブ]

・ハンドリング処理
ハンドリングの設定を行います

・ログ出力
ログに出力するか設定します

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください