変数の値を加工(正規表現)

指定した文字列を正規表現を使って編集する方法について説明します

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

・検索パターン
文字列に対する正規表現を使った検索方法を設定します。

>?
正規表現を使った検索方法でよく使うものを利用できます

–電話番号

▽電話番号を取得(00-0000-0000形式)
文字列から00-0000-0000の電話番号を検索し、00-0000-0000を取得します

▽電話番号を取得(000-0000形式)
文字列から000-0000の電話番号を検索し、000-0000を取得します

▽市外局番を取得(00-0000-0000形式)
文字列から00-0000-0000の電話番号を検索し、市外局番だけ取得します

–メールアドレス

▽1つ目のメールアドレスを取得
文字列からメールアドレスを検索し、1つ目のメールアドレスだけ取得します

▽2つ目のメールアドレスを取得
文字列からメールアドレスを検索し、2つ目のメールアドレスだけ取得します

▽メールアドレスの@より前を取得
文字列からメールアドレスを検索し、@より前の文字を取得します

▽メールアドレスの@より後を取得
文字列からメールアドレスを検索し、@より前の文字を取得します

–日付関係

▽00年00月00日を取得
文字列から00年00月00日を検索し、00年00月00日を取得します

▽0000/00/00を取得
文字列から0000/00/00を検索し、0000/00/00を取得します

▽00年00月00日を取得の日を取得
文字列から00年00月00日を検索し、日にちの部分だけを取得します。19年09月03日の場合、03だけを取得します

–数字関係

▽数字を取得
文字列から数字を検索し、数字を取得します

▽金額を取得(000,000円)
文字列から金額を検索し、金額を取得します

▽個数を取得(000,000個)
文字列から個数を検索し、個数を取得します

–その他

▽会社名
文字列から会社名を検索し、会社名を取得します

▽郵便番号を取得
文字列から郵便番号を検索し、郵便番号を取得します

▽住所(東京都始まり)
文字列から住所を検索し、住所を取得します。東京都以外の住所を探す場合は、検索パターンに表示されている東京都.*の東京都の部分を変更します

▽数字を削除
文字列から数字を検索し、数字を削除します

▽数字以外を削除
文字列から数字以外を検索し、数字以外を削除します

▽改行を削除
文字列から改行を検索し、改行を削除します

・置換文字

検索後に置換する文字を設定します。変数参照可能です。

>結果
セットする文字へ設定した内容が表示されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください