RoboWebのトップページ

RobWebへログイン後、トップページが表示されます。

実行中のスケジュールがある場合は、実行中のスケジュールが一覧で表示されます。

roboweb1

表示されている項目は以下の通りです。

・お知らせ

>パスワードが一定期間変更されていません。
RoboWebへログインしたときのユーザーが一定期間パスワードを変更していない場合に表示されます

>新しいバージョンX.X.Xがリリースされました。
使用中のバージョンより新しいバージョンがリリースされている場合に表示されます

>利用時間:前回〇〇H ===>> 今回〇〇H
スケジュールで実行したロボットの稼働時間が表示されます。前回は前月、今回は今月を指しています

・稼働中ロボット一覧

>プロジェクト名
実行中のスケジュールが登録されているプロジェクトです

>スケジュール名
実行中のスケジュール名です

>ロボット名
実行中のロボット名です

>ホスト名
ロボットが実行されているPCです

>ステータス
実行中のロボットのステータスです

>Action
実行中のロボットに対する操作を行います。

―すぐに停止する
ロボットを停止させます。停止させたロボットの後続に処理予定のロボットがあった場合、そのロボットは実行されません

―ログ詳細
実行中のロボットのログ詳細画面へ遷移します

 

実行PCのモニタ

RCが動き、ロボットが実行されるPCのモニタを行うことができます。

現在のPCのデスクトップやリソースの状況、過去のデスクトップやリソースのの状況を把握することができます。この機能を使うことで、ロボットが想定していないエラーで異常終了していた場合、そのときにPCで何が起こっていたかを調査するのに役立ちます。

この機能は、本製品のシステム管理者権限を持っているユーザーのみが使用することができます

 

画面の項目についての説明は以下の通りです

[PCモニタリング]

・PC No
PCの管理番号です

・ホスト名
PCの名称です

・時間指定
表示内容を変更します。表示したい日時を設定します

・期間
表示する期間を設定します

・CPUとメモリの使用状況
PCのCPUとメモリの使用状況です。時間指定や期間で表示内容が変わります。PCの編集画面内にあるCPU、メモリの使用状況の設定がモニターするになっている場合に、CPUとメモリの使用状況が保存されます

・デスクトップの状況
PCのデスクトップのキャプチャです。時間指定で表示内容が変わります。PCの編集画面内にあるデスクトップイメージの使用状況の設定がモニターするになっている場合に、デスクトップの状況が保存されます

・プロセス一覧
PCのプロセスの一覧です。時間指定で表示内容が変わります。

・現在のデスクトップの状況
現在のPCのデスクトップのキャプチャです。更新間隔を設定できます

RoboWebのカスタムアクション一覧

RoboWebにアップロードしたカスタムアクションは一覧として確認することができます。カスタムアクションそれぞれに履歴を持っており、バージョンごとの変更内容を確認することができます。また履歴からバージョンごとにダウンロードすることができます

 

画面の項目についての説明は以下の通りです

[カスタムアクション一覧]

カスタムアクションの一覧です。各カスタムアクションは最新のバージョンです。履歴をクリックすると、過去のバージョンも含めた一覧を表示します

・プロジェクト名称
カスタムアクションが所属しているプロジェクト名です

・カスタムアクション名称
カスタムアクション名です

・カスタムアクションファイル
カスタムアクションの物理ファイルです

・更新者
カスタムアクションをロボデザインから最後にアップロードした人です

・更新日時
カスタムアクションをロボデザインから最後にアップロードした日時です

・コメント
カスタムアクションをロボデザインから最後にアップロードするときに書き込んだコメントです

・Action

>履歴
カスタムアクション アップロード履歴一覧へ進みます

>削除
カスタムアクションを削除します

[カスタムアクション アップロード履歴一覧]

バージョンの一覧です。

・カスタムアクション名称
カスタムアクション名です

・更新者
カスタムアクションをロボデザインからアップロードした人です

・更新日時
カスタムアクションをロボデザインからアップロードした日時です

・コメント
カスタムアクションをロボデザインからアップロードするときに書き込んだコメントです

・Action

>ダウンロード
このバージョンのカスタムアクションをダウンロードします

RoboWebのロボット一覧

RoboWebにアップロードしたロボットは一覧として確認することができます。ロボットそれぞれに履歴を持っており、バージョンごとの変更内容を確認することができます。また履歴からバージョンごとにダウンロードすることができます

 

画面の項目についての説明は以下の通りです

[ロボット一覧]

ロボットの一覧です。各ロボットは最新のバージョンです。履歴をクリックすると、過去のバージョンも含めた一覧を表示します

・プロジェクト名称
ロボットが所属しているプロジェクト名です

・ロボット名称
ロボット名です

・ロボットファイル
ロボットの物理ファイルです

・更新者
ロボットをロボデザインから最後にアップロードした人です

・更新日時
ロボットをロボデザインから最後にアップロードした日時です

・コメント
ロボットをロボデザインから最後にアップロードするときに書き込んだコメントです

・Action

>履歴
ロボット アップロード履歴一覧へ進みます

>削除
ロボットを削除します

[ロボット アップロード履歴一覧]

バージョンの一覧です。

・ロボット名称
ロボット名です

・更新者
ロボットをロボデザインからアップロードした人です

・更新日時
ロボットをロボデザインからアップロードした日時です

・コメント
ロボットをロボデザインからアップロードするときに書き込んだコメントです

・Action

>ダウンロード
このバージョンのロボットをダウンロードします

RoboWebのスケジュールのステータス

RoboWebで実行されたスケジュールのステータスの種類は以下のとおりです。

[実行準備中]
スケジュールへ登録したロボットの実行を準備してます。

[実行中]
スケジュールへ登録したロボットが処理中です。

[正常終了]
スケジュールへ登録したロボットの処理が正常に完了しました。

[エラーあり]
スケジュールへ登録したロボットの処理は完了していますが、エラーが発生したアクションがありました。

[異常終了]
スケジュールへ登録したロボットの処理の途中で異常が発生し、ロボットの処理を中断し終了しています。

[緊急停止中]
スケジュールへ登録したロボットの処理を緊急停止しています。

[緊急停止]
スケジュールへ登録したロボットの処理を緊急停止が完了しました。

 

APIによるスケジュール即時実行機能

RoboWebへ登録したスケジュールをAPIで実行することができます。

1.APIを投げるまえにRoboWebが起動していることを確認しておきましょう。

2.APIの投げる先のURLは以下です。
http://localhost:8080/api/run_schedule
RoboWebからもどすメッセージは「success」か「error」です。

3.以下サンプルとなります。
登録したスケジュールを実行し、RoboWebからもどってきたメッセージを表示しています。

#APIの投げ先のURLを指定
url = u’http://localhost:8080/api/run_schedule’
#APIで投げる内容を作成
data={
‘username’: u’ユーザー名’,
‘password’: u’パスワード’,
‘project_name’: u’テスト’,
‘schedule_name’: u’サンプルスケ’,
}
#APIを投げてもどりをうけとる
res=requests.post(url=url,data=data)
#エンコード
js = json.loads(res.text)
#もどってきたメッセージを表示
print js[‘status’],js[‘message’]

 

RoboWebへのログイン

RoboWebへのログイン方法について説明しています。

 

設定項目についての説明は以下の通りです

・UserName
ログインユーザーを入力します

・Password
パスワードを入力します

・Login
ログインが実行されます

はじめてログインする方は、サポートまでご連絡ください。あらかじめ設定されているユーザーとパスワードをご連絡いたします

RoboWebのユーザー登録

RoboWebへログインできるユーザーの登録方法について説明しています。

設定項目についての説明は以下の通りです

・ユーザーID
新しく作成するIDを入力します

・Password
新しく作成するIDのパスワードを入力します

・ユーザー権限
新しく作成するIDの権限を設定します

権限ごとにできることは以下の通りです。

  システム
管理者
プロジェクト
管理者
プロジェクト
メンバー
プロジェクト閲覧
作成
編集・削除
・無効化
プロジェクト
メンバー
閲覧
作成
編集・削除
・無効化
スケジュール閲覧
作成
編集・削除
・無効化
ロボット閲覧
削除
ダウンロード
カスタム
アクション
閲覧
削除
ダウンロード
ログ閲覧
ダウンロード
PC閲覧
追加
編集・無効化
ユーザー閲覧
作成
編集・削除
・無効化
システム管理者閲覧
編集