ZIP圧縮解凍

ZIP圧縮解凍の設定の方法について説明しています。

パスワードとして以下の文字を指定することができます。その他の文字については設定することができないため、ご留意ください。

・半角英数字

 

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです

[Mainタブ]
zip圧縮(zip)かzip解凍(unzip)を選択します

・zip圧縮(zip)
zipファイルを作成します

>対象のファイル
圧縮する対象のファイルのファイルパスを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

ファイル名の部分を*にすることで、指定したフォルダ内のファイルを1つのZIPファイルにまとめて圧縮することができます

>出力先
圧縮したファイルのファイルパスをを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

>パスワード
圧縮したファイルにパスワードをかける場合に設定します

・zip解凍(unzip)
zipファイルを解凍します

>対象のzipファイル
解凍する対象のファイルのファイルパスを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

>出力先
解凍したファイルの出力先のフォルダパスを設定します。変数参照可能です。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

>パスワード
解凍するファイルにパスワードをかかっている場合に設定します

・ZIPファイルの出力先や解凍先で指定したフォルダがなければ作成する
出力先や解凍先に設定したファイルパス内に保存したフォルダがない場合に、フォルダを作成します

[Advancedタブ]

・アクション有効
このアクションを無効にする場合は、チェックを外します

[エラー発生時の対応タブ]

・エラー時の処理
エラーが発生したときの設定を行います

・エラー時にログ出力
エラーが発生したときにログに出力するか設定します

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください