変数の値を加工(文字列関数)

★アクションの説明、概要

アクション内へセットした値を関数を使用して編集する方法について説明しています。


★アクションの作成方法


★アクションの設定画面について

アクション設定画面の設定項目についての説明は以下の通りです。

1.関数

関数をプルダウンで選択します。

1-1.Mid

文字列から文字を切り出します。

・開始位置

文字列から切り出す開始位置を設定します。変数参照できます。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

・文字数

開始位置から切り出す文字の数を設定します。変数参照できます。またシステム値を使用可能です。システム値の説明はこちら。

1-2.Left

文字列から文字を切り出します。

・文字数

文字列の左から切り出す文字の数を設定します。変数参照できます。

1-3.Right

文字列から文字を切り出します。

・文字数

文字列の右から切り出す文字の数を設定します。変数参照できます。

1-4.Ltrim

文字列の左側のスペースを削除します。

1-5.Rtrim

文字列の右側のスペースを削除します。

1-6.Trim

文字列の左右のスペースを削除します。

1-7.Find

文字列から文字を検索し、見つかった場所を取得します。

・ 検索する文字

文字列の左から検索する文字を指定します。指定した文字を左から探し、あった場合は左から何番目にあるかを取得できます。変数参照できます。
例)RPAツールという文字列から「P」を検索した場合、実行結果は1となります。

1-8.Rfind

文字列から文字を検索し、見つかった場所を取得します。

・ 検索する文字

文字列の右から検索する文字を指定します。指定した文字を右から探し、あった場合は左から何番目にあるかを取得できます。変数参照できます。
例)RPAツールという文字列から「P」を検索した場合、実行結果は1となります。

1-9.Length

文字列の長さを取得します。

1-10. ディレクトリパス取得

ファイルパスからフォルダ名だけを取得します。

1-11.ファイル名取得

ファイルパスからファイル名だけを取得します。

1-12.乱数生成

乱数を作成します。

・ 文字長

乱数で作成する文字の長さを指定します。

・ 含める文字の種類

乱数で作成しる文字列内に含める文字の種類を指定します 。

#数字

生成する乱数に数字を含みたい場合はチェックを入れます。

#大英字

生成する乱数に大文字のアルファベットを含みたい場合はチェックを入れます。

#小英字

生成する乱数に小文字のアルファベットを含みたい場合はチェックを入れます。

#記号

生成する乱数に記号を含みたい場合はチェックを入れます。 !#$%*+-./=?@_が使用されます 。

2.結果

設定した結果が表示されます。

2件のコメント

  1. 半角=1 全角=2としてカウントできる関数が欲しい(特に印刷やDB登録時に利用)

    返信

    1. コメントいただいた件、承知いたしました。
      文字数をカウントする関数の追加を検討いたします

      返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください