コントロールパネル

アクションを追加する機能と、作成したロボットをテストする機能があります。アクション<<<やテスト<<<をクリックすると、それぞれのメニューを非表示にしたり表示したりすることができます。

[1].アクション

1.ブラウザ

ブラウザに関するアクションを追加します。ブラウザに関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

2.エクセル

エクセルに関するアクションを追加します。エクセルに関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

3.アプリ

アプリに関するアクションを追加します。アプリに関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

4.ファイル

ファイルに関するアクションを追加します。ファイルに関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

5.フォルダ

フォルダに関するアクションを追加します。フォルダに関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

6.ブックマーク

ブックマークに関するアクションを追加します。ブックマークに関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

7.変数

変数に関するアクションを追加します。変数に関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

8.データベース

データベースに関するアクションを追加します。データベースに関するアクションの一覧はこちらをご覧ください。

9.その他

その他のアクションを追加します。その他のアクションの一覧はこちらをご覧ください。

10.リロード

ブラウザに関するアクションを作成しているときに、ブラウザの画面をクリックしても選択できなくなった場合に行います。手順はこちらをご覧ください。

11.フォーカス中断/再開

ブラウザに関するアクションを作成しているときに、意図的にブラウザの画面をクリックしても選択できなくなるようにする場合に行います。また中断から再開をすると選択できるようになります。手順はこちらをご覧ください。

12.元に戻す

アンドゥです。作成したアクションを取り消します。また編集して保存したアクションを保存前の状態に戻します。手順はこちらをご覧ください。

13.やり直し

リドゥです。直前に元に戻すを行い取り消した内容を再度行います。手順はこちらをご覧ください。

[2]テスト

1.初期化

ロボットの状態を初期化します。手順はこちらをご覧ください。

2.ステップ実行

アクションフロー内の選択したアクションを1つづつ実行します。手順はこちらをご覧ください。

3.全実行

アクションフロー内の選択したアクションから、アクションフローの最後のアクションまですべて実行します。手順はこちらをご覧ください。

4.一時停止

全実行中のロボットの処理を停止します。手順はこちらをご覧ください。

5.オプション

ロボット実行時の設定を行います。

5-1.全実行時に対象の要素を囲む

5-2.パラメータリスト